のるまで るこう

み み

暑い夏の季節がやってきますな今日この頃

パニック障害とうつ病

いつも私は「いい人」どまり。彼氏彼女ができない人だ。

良い感じになれるところまでいくんだけど、「いい人なんだけど友達でいたいの」と、毎度おなじみの文句を言われてしまう僕。ま、僕の場合は「こいつサイテー」を絶妙にカモフラージュした「いい人なんだけど」というお世辞文句だけどね。ちっ。 [ Title : も…

パニック障害と診断されてから電車に乗れる喜びを味わうまでの記録

友人の力を借りて、家族の力を借りて、そしてほんの少しだけ薬の力も借りて、なんとか電車に乗れるようになりました。嬉しかったです。普通の人から見たら何でもないことかもしれませんが、僕にはとっても嬉しかったんです。そんな記録をお伝えします。 [ Lo…

検索キーワードの変化に反映されたうつ病の経過

うつ病の経過とともに、僕の検索ワードは変化していきました。最初の頃は「うつ病 原因」や「うつ病 薬」などのワードで検索をしていました。少しずつ回復してきてからは「うつ病 克服」や「うつ病 良かったこと」などの前向きさが感じられる言葉で、検索を…

うつ病で休職して感じた罪悪感と回復のきっかけ

会社の上司や人事に相談し、症状をありのままに伝えて、休職となりました。ゆっくり休んで下さいと有難いお言葉を頂きました。荷物をまとめて、過呼吸発作が怖くて乗りたくない新幹線になんとか乗って、実家に戻りました。休職してから症状はひどくなってし…

うつ病の原因とうつ病だけど仕事を続けた理由

息苦しさと過呼吸発作に悩みながらも僕は1年間仕事を続けました。今になって冷静に振り返れば、負のスパイラルをぐるぐると駆け降りる1年でした。身体の健康状態が心に与える影響を切実に感じ取り、心の健康状態が身体の健康状態に与える影響も痛切に感じ…

うつ病に効いた魔法の言葉という薬を5つ紹介します

うつ病のつらい症状はなかなか消えなくて、いつまで続くのか分からない不安に押しつぶされそうでした。あの頃の僕を救ってくれたのは、数人の友人が語ってくれた暖かい言葉でした。抗不安薬は僕の症状を和らげてくれず、どれだけ薬を続けても息苦しさの症状…

うつ病になってからの症状

息苦しさと過呼吸の発作が出てからも、精神科、心療内科で処方される抗不安薬をおまじないのように飲みつつ、1年間は休まずに仕事を続けました。あの頃は、どうせすぐに治るだろうと安易な気持ちでいましたが、息苦しさはいまだに続いています。休職を考え…

うつ病と精神科と心療内科と僕の出会い

慢性的な息苦しさが続いていました。寝ているとき以外は、常に空気がうすい感じ、常に酸素が足りない感じがありました。朝は息苦しくて目が覚めました。過呼吸発作が起きることが怖くて外出ができなくなりました。電車に乗れなくなりました。渋滞が怖くて車…

(パニック障害とうつ病)とその症状(息苦しい)

とにかく息苦しかったなぁ。あの息苦しさと過呼吸の発作が無かったら、仕事は辞めなかったと思う。だけどまぁ、今になって振り返れば、仕事を含め、あの頃の生活とは距離を置いて正解だった。 パニック障害やうつ病の症状は人によって様々なようです。カウン…

うつ病と散歩と回復の関係

パニック障害とそれに併発するうつ病と診断されてから2年が経ちました。最近どうなのかって?順調に回復しています。このことには、自分でもびっくりしています。 電車やバスなど閉じ込められる系の公共交通機関にもためらうことなく乗れるようになったし、…

プライバシーポリシーと広告について