読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

考えるな。感じたままにシャッターを。

カメラと写真

スポンサーリンク

春雨です。
D700に50mmの単焦点。
手軽だけど考えることの多いスナップです。

江ノ電を単焦点レンズで
[ Located in : 江ノ島電鉄沿線 2016年12月 ]
[ Camera : Nikon D700 ]
[ Lens : Nikon AF-S NIKKOR 50mm f/1.8G (Special Edition) ]

考えながら撮る

僕は単焦点レンズを1本だけ持って撮影にでかけることが多いです。俗にいう単焦点1本勝負というやつです。最初の頃は、何でもかんでもシャッターを切っていたので、家に帰るころにはメモリーカードが一杯で、帰宅してからの写真の選別にとても苦労していました。

フイルム写真を撮り始めてからは、撮れる枚数が仮想的にも制限されることがあって、その1枚に対してシャッターを切るべきか切らないべきか考えるようになりました。そもそも構える前の段階で、これは絵にならないって判断をすることも多くなりました。

そうするとデジタルの時も撮影枚数が減っていって、それこそ1日歩いても撮った写真は30枚程度なんてことが増えてきました。この辺りで、段々と写真を撮るということが作業に変わっていった感じもあって、少しだけカメラを離れてしまいました。

どうせ好みの絵にならない、と判断をしてしまうことで、実は後で見たらシャッターチャンスになっていた一瞬を逃しているかもしれない。こんな風に考えるようになって、やっぱり絵になっているかどうかは別にして撮りたいものを撮ろうってなりました。

今日の1枚もちょっと前の自分だったら絶対にシャッターは切らない、当たり前の瞬間だったと思います。ブログにアップすることも考えると、人がたくさん写り込むシーンってどうなんだろうって考えてしまっていました。でも、この瞬間にも光はあるし、なんとなくカメラを構えたいと思った自分の気持ちに正直に、シャッターボタンを押しました。いかがでしょうか。





---この記事の完成度は100%です---

にほんブログ村 鉄道ブログ 江ノ電へ
にほんブログ村