読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

〇〇系男子になれない男のうわ言

雑記

スポンサーリンク

意識高い系男子にあこがれたりとか、草食系男子にあこがれたりとか、女子力高い系男子にあこがれたりとか、ロールキャベツ男子にあこがれたりとか、そんな時期もありました。読了時間3分。

江ノ電の写真とブログ
[ Located in : 江ノ島電鉄沿線 2016年12月 ]
[ Camera : PENTAX K-5ii ]
[ Lens : PENTAX smc PENTAX-DA 55-300mmF4-5.8ED ]

猫系男子に私は当てはまる

仕事は夜遅くまで、それでも自炊しないと、節約。節約生活。だから、毎週日曜日の夜には、一週間分のおかずを、例えばほうれん草を湯がいたりとか、もやしと人参の細切りをお酢につけておいたりとか、用意して、ふー、これで明日からも戦える。やればできる男。

とは、言ってもですね、正直めんどくさいですよ。日曜日の夜くらい明日から仕事だって分かっているのだから、ちゃっと総菜買ってきて食べて、サザエさんを見ながら、ビール飲めないから、コーラ飲んで彼女とだらだらしたいです。節約男子なんてそんなに続くもんじゃないです。目的がなければ。

ロールキャベツ男子っているらしいですね。ぱっと見は草食風だけど、ふたを開けたら肉食風になる男のこと。でもねー、これもだんだんと、キャベツがしおれてくるんですわ。だってさ、巻かれているお肉はいつでもジューシーかもしれないけれど、周りはキャベツですよキャベツ。時々交換しないと、鮮度が無くなってくるからコストもかかるしさ、節約と両立はできないんですよこれ。

しかもさ、いざキャベツの皮をはがして、中身とご対面ってなったときにね、火が入っていないことがあるじゃないですか。「あれ?まだ中が冷たい」口に入れた瞬間の、やっちまった感、あーあ。もうちょっとじっくりコトコトしてからだったか。残念。ロールキャベツ作るんだったら、弱火でコトコトだよ。お肉が固くならないように。

猫系男子ってのがいるらしい。つんでれってことか?「普段は自由気ままで人混みには外出しない。ときどき甘えたくなると寄っていくらしい」ってこれ僕のことじゃぁないですかあなた。あー、今度から自己紹介の時に「猫系男子」って伝えてみることにします。でも、猫は可愛くて受けがよさそうだけれども、「猫系男子」ってちょいとうざそうだよね。

だってさ、ときどき甘えたくなると寄ってくるって、気が向かないと遊ばないってことでしょ?僕には都合がいいけれど、いつも遊んで系の女子には向いてないよね。自由気ままに人混みには外出しないってことは、基本的にはインドア派でデートはいつもおうちってことでしょ?僕そういうのまじ大好きだけれど、そんな僕でもたまには江ノ電撮りにいきたいぜ?独りで。

もちろん最近雑誌で紹介された話題で混んでる人気のお店になんて、絶対一緒にいかないからねー。そういうのは好きな人同士で行っておいで。僕、家で寝てるから。

あれ?猫って雑食だよね?ん?猫系男子ってようするに雑食系男子ってことじゃん。もうちょいおもしろく。ふぁいっ!





---この記事の完成度は100%です---

にほんブログ村 鉄道ブログ 江ノ電へ
にほんブログ村