読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

み み

鎌倉江ノ島の観光を写真多めで発信中!

鎌倉江ノ島の観光情報を写真多めで発信中です。更新がんばりまうす。

三毛とブチと年末ジャンボ

クリスマスも間近です。おひとり様の僕には関係ない。さ、お正月を気持ちよく迎えるために大掃除をせっせとします。掃除で体を動かせば1人の寒さも忘れてぽかぽかします。今日は冬至。かぼちゃにゆず湯で暖まろうキャンペーンも開催します。さて、そんな話題で持ちきりですが、年末ジャンボ宝くじのお話です。

江ノ電の写真とブログ
[ Located in : 江ノ島電鉄沿線 2016年12月 ]
[ Camera : PENTAX K-5ii ]
[ Lens : PENTAX smc PENTAX-DA 55-300mmF4-5.8ED ]

年の瀬もせまる宝くじ売り場での光景

近所には2つの宝くじ売り場があります。スーパーに併設されているタイプと駅の前にちんまりしているタイプの2つ。これは、スーパーに併設されているタイプの売り場での出来事でした。

「年末ジャンボミニは1億円で、年末ジャンボプチは1000万円だよぉ!!!」
「ん?」
「だから、ミニが1億円で、プチが1000万円!!!」

何事かと思えば、かわいらしい中学生くらいの男の子が、おじいちゃんに向かって話しかけています。たぶん孫ですねあれは。おじいちゃんはかなり耳が遠い思われます。

「ミニが1億でプチが1000万!!どうする!?」

もう周りの人たちは全員がふりかえるくらいの大声です。宣伝になっています。怒鳴り込みです。おじいちゃんに、年末ジャンボの種類が増えたことを必死に伝えています。確かに、ミニは2015年から始まったし、プチは今年2016年からですか。おじいちゃん世代はその存在を知りません。がんばれ少年。

おじいちゃんは聞き返します。

「三毛?とブチ?」

確かに、「ミニ」も「プチ」もおじいちゃんにはなじまない言葉かもしれません。でも猫の種類じゃないよ。

「ミニが1億円でプチが1000万円!!どれ買う?」
「三毛?ブチ?」

確かに、宝くじ売り場には真っ白い招き猫が手をこまねいていますが、「三毛」でも「ブチ」でもないことに間違いはありません。おじいちゃんは答えます。

「三毛を10枚とブチを10枚にしようや。年末ジャンボも10枚」
「え?そんなに買うの?おじいちゃん意味分かった?」

とその中学生くらいの男の子は、びっくりした顔をしていました。耳は聞こえなくても持っているものは持っているのですよ、少年。

もしもここを見ていたらアドバイスを申し上げます。「当選金額が1億円」とか「当選金額が1000万円」とか、「当選金額が違う」ってことを最初に伝えないと、何が1億円なのか分からないよ。がんばれ少年。

結局、おじいさんとお孫さんは、1億円の三毛を10枚と、1000万円のブチを10枚と、普通のジャンボを10枚お買い上げしてさっそうと帰っていきました。ちなみに、年末ジャンボミニも年末ジャンボプチも年末ジャンボも一律300円で販売しています。2016年は12月23日までらしいよ。

きっと、おじいさんは年末ジャンボのバリエーションとして、ミニとプチがあることは分からずに、1億円の「三毛」と1000万円の「ブチ」が後日家に配送されることを恐れておちおち正月も迎えられないでしょう。

僕は、普通のジャンボを1枚だけ買いました。ちんまり。今夜はいい夢を見よう。




ちょっと落ち込んだときには↓こちらがおススメ↓
【落ち込んだ時に】は『風の歌を聴け』 - み
【落ち込んだ時に】世の中なんて思い込みだ - み

カメラと写真に関する雑学は↓こちらがおススメ↓
カメラ&写真好きあるある#001 - み
写真系ブログが続かない本当の理由 - み





---この記事の完成度は100%です---

にほんブログ村 鉄道ブログ 江ノ電へ
にほんブログ村

プライバシーポリシーと広告について