読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

水は流れる

雑記

スポンサーリンク

川は流れている。水面は穏やか。ただ流れているだけでは、波立つことはない。水面は穏やか。大きな石や流木が流れをさまたげる。そこに波が立ち、しぶきがあがる。それらは抵抗となって美しい光景になる。不満なことがある。気になったことがある。困ったことがある。そんなこともあるけれど、愉快に笑い飛ばしたい。2017年。良い年になりますように。

江ノ電の写真とブログ
[ Located in : 江ノ島電鉄沿線 2016年12月 ]
[ Camera : PENTAX K-5ii ]
[ Lens : PENTAX smc PENTAX-DA 55-300mmF4-5.8ED ]

困ったは解釈次第である

困っています。
こんな行動で解決できます。

困っています。
このように考えると楽になります。

困っています。
このグッズがあると解決します。

木の周りが囲われていると書いて困る。


買いました。捨てました。

どちらも現状に不満をいだいた結果の行動である。だからこそ、社会に、ネットに、周りの人間関係に、その解決策を求めたり、同意を求めたりする。

お風呂場のカビが落ちない。
→カビキラーで間接攻撃しつつ激落ち君で直接攻撃するとグッド

根菜になかなか火が通らない。
→電子レンジで3分チンしてから煮ると早い

モテない
→おしゃれしよう

上司がこわい
→会社を辞めるという選択肢もある

恋愛がうまくいかない
→僕なんて100回以上フラれた

お金稼ぎたい
→アルバイトあるし、ネットビジネスもある

お金無い
→お年玉をあげよう

子供が勉強しない
→のびのびと育っている証拠である

毎日つまらない
→愉快な雑記ブログを読もう

日常の困った、やばい、どうしようを探し出すこと。それに対してなんらかの答えを用意すること。うれしいは伝えやすいけれど、困ったは伝えにくい。でもなぜが、日常の困ったは共感性を得やすい。

困ったを表現すると、困っている人から見たら困っただけれども、困らせている人から見たらそんなつもりはないのだ、になる。立て続けに愚痴っぽい記事を量産している。僕の中にたまっている膿をどんどん吐き出しているんだ。正直でありたい。素直でありたい。見苦しい姿かもしれない。世間はそれではダメと言うかもしれない。しんどい。

日常は、自然である。誰がそこに大きな石を置いたのか。誰がそこに流木を流したのか。誰がそこに杭を打ったのか。そんなことは分からない。だけれども、誰かがそこに石を投げる。すべてはマッチポンプのようだ。これぞお金儲け。

うつ病から立ち直りつつある。けれども、いまだにつらくて動けないときがある。振り返れば本当に大変な1年だった。症状は大きく改善している。振り返りたくはない。つらかった。よく生きていると自分をほめたたえている。それこそ穴を掘って全部埋めたい。後ろは振り返りたくない。だから前を向く。この悔しさをバネにして進む。一歩ずつ。

インターネットは社会の縮図に見える。そこに足りないもの。それは実体だけ。読者のみなさま、よいお年を。1年の最後まで、読んでくださり、見てくださり、ありがとうございます。



落ち込んだときには↓こちらがおススメ↓
【落ち込んだ時に】は『風の歌を聴け』 - ほんわか鉄子さんを探して
【落ち込んだ時に】世の中なんて思い込みだ - ほんわか鉄子さんを探して

カメラと写真に関しては↓こちらがおススメ↓
カメラ&写真好きあるある#001 - ほんわか鉄子さんを探して
写真系ブログが続かない本当の理由 - ほんわか鉄子さんを探して





---この記事の完成度は100%です---

にほんブログ村 鉄道ブログ 江ノ電へ
にほんブログ村