のるまで るこう

み み

暑い夏の季節がやってきますな今日この頃

かがみの国の男

鏡の中の男は言った。「お前の顔にどれだけの意味があるんだ」って。深夜のショートストーリー。お題はセルフポートレート。

江ノ電の写真とブログ
[ Located in : 江ノ島電鉄沿線 2016年12月 ]
[ Camera : PENTAX K-5ii ]
[ Lens : PENTAX smc PENTAX-DA 55-300mmF4-5.8ED ]

せるふぽーとれーと

彼はゆっくりと話し出した。

お前は多くの人やモノやコトにカメラを向けているだろ。そうしてこうやってインターネットに発信している。

「なるべく配慮をしている?」
「顔が正面から写らないようにしている?」

そんなことはどうでもいい。

もしかしたら、そのレンズの向こうには、その時にその場所にそこに居たことを知られたくない人がいるかもしれないんだ。にもかかわらず、そのカメラにはお前の顔だけが写らない。

それでいいのか?
それで気持ち悪くないのか?

法律を調べれば、罰せられる、罰金を払うことになる可能性はゼロに等しいことをお前は知っているのかもしれない。だけれども、だからと言って、その写真や発する言葉に責任は持てるのか?

いつの日かこのブログを多くの人が読むようになったとき、その重圧に耐えることができるのか?それだけの覚悟を持って言葉を選んでいるのか?

その言葉と写真の組み合わせは、時として武器になる。自分を苦しめる。そして自分以外をも苦しめる。

気持ち良く過ごそうじゃないか。たとえ自分だけがそう思ったとしても。それがエゴだとしても。道徳はお前の心の中にあるのだから。


夜中の3時に寝静まった台所の冷蔵庫を漁るような人間には、それだけの文章しか書くことはできない。

そして、それが僕だ。


村上春樹
『風の歌を聴け』より引用



そう、それがお前だ。
というわけで、プロフ写真を撮ろうと思い立ちました。だけれども、良い感じに撮れません。こんな顔に生まれてみたいですって顔に撮れません。そうそれが僕という自分なんです。

SEO対策を考えた記事を作ってみました。そうしたら検索流入が本当に増えてきました。すごい。と同時に、言葉や写真をきっちり選んで気持ちよくサイトからお帰りいただけることを今まで以上に意識するようになりました。多くの記事を書き換えようと思います。

明けましておめでとうございます。



落ち込んだときには↓こちらがおススメ↓
【落ち込んだ時に】は『風の歌を聴け』 - ほんわか鉄子さんを探して
【落ち込んだ時に】世の中なんて思い込みだ - ほんわか鉄子さんを探して

カメラと写真に関しては↓こちらがおススメ↓
カメラ&写真好きあるある#001 - ほんわか鉄子さんを探して
写真系ブログが続かない本当の理由 - ほんわか鉄子さんを探して





---この記事の完成度は100%です---

にほんブログ村 鉄道ブログ 江ノ電へ
にほんブログ村

プライバシーポリシーと広告について