のるまで るこう

み み

涼しくなって(過ごしやすいな)今日この頃

AI Nikkor 35mm F2S

AI Nikkor 35mm F2S

Ai Nikkor 35mm F2S

AI Nikkor 35mm F2S

ニコン最後の機械式フィルムカメラ(F2)がどうしても欲しくなってしまい、それに合わせて手に入れた1本。相場よりも安い値段で曇りアリのレンズがヤフオクに出品されていて、深夜にモソモソと落札した。近所のカメラ屋さんでF2と共にオーバーホールしてもらい、それからしばらくは、F2につけっぱなしで使っていた。モノクロフィルムを使ったときの『キリッ』とした描画が好きだ。

それと同時に、F2というカメラの機械としての完成度というか、堅牢さを感じさせる操作感に惚れ込んでしまい、デジタルなニコンにも興味が出てきてしまう。ダメだなぁと思いながらも、気がつけばD700を落札していた。(やれやれ。)そこで初めて、デジタルな描画でこのレンズの雰囲気を知ることになった。

『AI Nikkor 35mm F2S』は、ひと言で表すならば「ものすごくふつう」なレンズ、だと思う。35mmという画角は、ぼかしを多用するような被写体との距離感で使うことは少ないだろうが、最短撮影距離は30cmと想像以上に被写体に寄ることができるので、自然と嫌味のないボケを生み出すこともある。

AI Nikkor 35mm F2S

Ai Nikkor 35mm F2S

・review・

ニコンのレンズは、このレンズ(35mm)と、50mmf1.4のAiレンズを使ったことがあるだけで、(正直に言って)なんともよく分からないのだけれど・・・。『AI Nikkor 35mm F2S』は、(上の写真のように)パキッとした写りを見せてくれるレンズである。ネガフィルムなんだけど、コントラストが高めで、光と影がシャキッと立ち上がる(ような気がする)。

色味はとにかく「普通」というか、「地味」というか。55mmのタクマーと比べると、緑色などは(くすんだよう)に感じるけれど、たぶんこっちが見た通りの色なんだろう(と思う)。といっても厳密には分からないので、同じ被写体を同じ時間に同じフィルムで撮って比べてみたい(そのうちね)。

AI Nikkor 35mm F2S

Ai Nikkor 35mm F2S

AI Nikkor 35mm F2S

Ai Nikkor 35mm F2S

AI Nikkor 35mm F2S

Ai Nikkor 35mm F2S

さて、そんなわけで(どんなわけで)、デジタルでもフィルムでも、このレンズをもうちょっと使い込んでみたいと思う。いやー、なんていうか、特別な違和感や不便を感じるところが何もなく、普通に使えてしまうがゆえに、なんともそれっぽい感想が浮かんでこないのだ。すなわち、ものすごく優等生なレンズなのであろう(たぶん)。

プライバシーポリシーと広告について