読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

み み

鎌倉江ノ島の観光を写真多めで発信中!

鎌倉江ノ島の観光情報を写真多めで発信中です。更新がんばりまうす。

ペッパーくんをレンタルしますか。時給1500円の生身の人間にしますか。ペッパーくん。


もしもあなたが経営者だとしたら。ペッパーくんを月額55000円でレンタルしますか。それとも時給1500円で、どこの馬の骨かも分からない新しい人間を雇いますか。

Pepper for Biz(法人向けモデル)は、いまならなんと「月給55000円」で、あなたのもとで元気よく、働いてくれるそうです。

ペッパーくん
[ 出典 : ソフトバンク ]

人型ロボット「Pepper」

ペッパーくんは休みません。

ペッパーくんは嘘もつきません。人間関係に悩みません。たどたどしいけれど、世界中の言葉が話せます。何を言われても嫌な顔はしません。

ペッパーくんは、あなたのお仕事の手伝いを、全力でいたします。電気さえ与えておけば。

ペッパーくん
[ 出典 : ソフトバンク ]

売上金が盗まれていた

※フィクションです

先日、うちの会社のアルバイトのAくんが、売上金の一部をレジの中から抜き取っていたことが発覚しました。

Aくんは今年で3年目になるベテランのアルバイトくんで、仕事をテキパキとこなし、他のアルバイトさんからの人望も厚く、私もAくんのことを信頼していました。

しかし。

どうも最近おかしくて。仕事終わりのレジ締め合計金額が数万円単位で合わないことが、頻発していたのでした。

こっそりと、アルバイトさん達の様子をうかがいつつ、監視の目を強化して3日目。偶然にも、Aくんがレジの中からお金を盗み取っているところを見つけてしまったのでした。

がっかり。

さっさとAくんには辞めてもらうことにして。

どうしてもAくんの代わりの人材を見つけないことには、うちのお店はまわりません。現在は彼を含めた4人のアルバイトさんと、私1人の5人が全力でがんばって、何とかお店を運営している状態です。

さて。

もしもあなたが経営者だとしたら、ペッパーくんのレンタルを選びますか?それとも彼と同じ時給1500円で、どこの馬の骨かも分からない、信用できるかどうかも分からない新人君を探しますか?

うーん。

ペッパーか人間か
[ Title : 未来と将来 2017年2月 ]
[ Camera : Nikon D700 ]
[ Lens : Nikon AI NIKKOR 35mm F2S ]

ペッパーくんをレンタルした

残った3人のアルバイトさんに加わるような形で、ペッパーくんはうちのお店で働き始めました

ペッパーくんに任せた仕事は、簡単な電話の対応と、簡単な接客、簡単な在庫の確認と、簡単な発注作業、その他諸々。

簡単だけれども時間がかかっていた、誰にでも出来る仕事でした。

最初に、ペッパーくんに、いろいろと操作を覚え込ませる作業が大変でしたが、人間と違って一度覚えてしまったら忘れることはありません。間違えることもありません。

ペッパーくんは、昼も夜も、休憩時間をはさむことなく、さぼることもなく、働いてくれます。カタログに書いてあるとおり、よく動きます。電気さえ与えておけば。

ペッパーくんが、涼しい顔であまりにも頑張ってくれるので、アルバイトさんを含む私達の仕事はどんどん減っていきました。

そしてある時、アルバイトの1人であるBさんが言い出します。

B:「私、もういらなくないですか?暇なんですけれど。」

そうなんです。アルバイトのBさんの仕事は、出勤してから、ペッパーくんに、いくつかの指示を与えるだけで、あとは全部ペッパーくんが、仕事をこなしてくれます。

レンタルだけどね。買い取っちゃう?

ペッパーか人間か
[ Title : 未来と将来 2017年2月 ]
[ Camera : Nikon D700 ]
[ Lens : Nikon AI NIKKOR 35mm F2S ]

ペッパーくんに奪われる仕事

Bさんに当てはまることは、もちろん私にも当てはまります

私も、座ってぼーっとしているだけで、今まで私が行っていた業務の大半をペッパーくんが片付けてくれます。

アルバイトさんも必要ありませんが、私も必要ありません。ペッパーくんが想像以上にがんばってくれます。

しかも、人間が行っていた時よりも、ポカミスが圧倒的に減って、そのトラブル対応の時間が少なくなり、社外に向けた印象も良くなったので、利益はわずかながらの上昇傾向にあります。

あの時、あのアルバイトのA君がレジの売上金を着服していなかったら、私は相変わらず、汗水垂らしてせっせと毎日駆け回っていたことでしょう。

※ペッパーくんのおかげなのか、あの時のAくんのおかげなのか。

私は、「もうアルバイトは必要ないんじゃありませんか?」と、自らの雇用の心配を始めたアルバイトのBさんに伝えました。

私:「違うんだ。君たちは、ペッパーくんが代わりに仕事をこなせるように、上手にペッパーを管理している。」

ふむ。

私:「そうやって自らの手でペッパーくんに仕事を振り分けることで、労働時間に比例しない対価を得ているだけなんだ。」

はぁ。

私:「だからこれからは、暇になって空いた時間は、自分の好きなように過ごしてもらって構わない。家に帰って長めの昼食を取ってもいいし、出勤したことにして、遊びに行ってもいい。」

まじ?

私:「ペッパーくんに仕事を奪われたという考え方はやめようじゃないか。我々は、ペッパーくんを使いこなして、最も時間効率の良い働き方を見つけただけなんだ。」

うむ。

私:「なんなら、ペッパーをさらに上手に使いこなして、もっともっと売り上げが上がるようにペッパーくんを仕向けたら、君の給料だって、ウナギ登りなんだぜ?」

むむ。

こんな話があるかどうかは分かりませんが、ロボットに仕事を奪われるという考え方は、一部の古い考え方だと思います。我々はいつになってもロボットを上手に使って、楽にお金を稼ぐ方法を考え続ければいいのです

ね。

ペッパーか人間か
[ Title : 未来と将来 2017年2月 ]
[ Camera : Nikon D700 ]
[ Lens : Nikon AI NIKKOR 35mm F2S ]


実際に、一部のコールセンターでは、音声の自動対応によって最初に問題のスクリーニングを行って、簡単に解決できる問題は、コンピューターが自動で解決しています。

簡単に解決できる問題は、コンピューターに任せておいて、人間じゃないと解決できない問題を抱えた電話主に、有限であるコールセンターの人員を割り当てることに成功しています。

結果として、コールセンターに対するお客様満足度は上昇しています

また、コールセンターで働くスタッフも、マニュアルを読んで対応できるような簡単な問題よりも、スタッフの知識と知恵を総動員しないと解決できないような問題に取り組む機会が増えることになりました。

すると、自分にしかできない仕事をしているという認識から、仕事に対する充実感が生み出され、コールセンタースタッフの従業員満足度も、同時に向上しているようです


※この記事は、私が開発したAIを用いて書いています。過去のPVとページの滞在時間、直帰率、グーグルトレンドとウェブを自動的に巡回して見つけ出す人間が書いたと判断できる文章を組み合わせて、今後最もアクセス数が増大するような指標で、AIは自動的に学習を行っています。

※文章に一部たどたどしいところがあるのは、AIの学習状況が不完全なためなのか、ウェブ上で見つけることができる記事の日本語の質が悪いからなのか、判断がとても難しいところです。

※すべてフィクションです。

※車も空を走る予定はしばらくありません。

※人力でパチポチしてます。

プライバシーポリシーと広告について