み み

鎌倉江ノ島の観光を写真多めで発信中!

鎌倉江ノ島の観光情報を写真多めで発信中です。更新がんばりまうす。

書き出したいのに書き出せない


寒い冬の日、コタツでミカンが食べたくなります。こたつもみかんも日本の冬の風物詩ですね。スーパーに行けばどの季節も多くの種類の果物が並んでいますが、ナイフを使わずに食べることができる気軽さから1つ2つと気がつくと手が止まらなくなります。

蜜柑
[ Located in : 蜜柑 2017年1月 ]
[ Camera : Nikon D700 ]
[ Lens : Nikon AF-S NIKKOR 50mm f/1.8G (Special Edition) ]

書き出しに迷う

記事の中身の概要を流れるように紹介し、読者の読む気を自然とそそるような書き出しにあこがれています。なんとなく、書いてみた書き出しが、冒頭のあれ。あこがれとは程遠い書き出しが冒頭のそれ。

炬燵も蜜柑も漢字にしてしまうと、非常に硬いイメージになってしまいます。しかしながら、「こたつとみかん」をつなげてしまうと、そこにはひらがなのれんぞくによるよみにくさがともなってしまいます。このように。

ゆえに、コタツとミカン。カタカナは便利で正しい使い方です。

にしても、なぜ蜜柑なのか。なぜ蜜なのか。気になります。

改良しましょう

寒い冬の日は炬燵(こたつ)と蜜柑(みかん)が恋しくなります。こたつもみかんも日本の冬の風物詩ですね。みかんは、ご家族の人数が多い方は、箱買いするくらいの人気フルーツです。そんなみかんの秘密に迫ります。

「炬燵(こたつ)と蜜柑(みかん)」と表記することで、読者は少なくとも、「こたつとみかん」を「こた」「つとみかん」や「こたつとみ」「かん」のように文節を迷うことなく読むことができるようになりました。

そして箱買いの話とみかんの秘密の話が登場していますが。

みかんの秘密ってなんでしょう。

みかんは「これがあたしの ひ み つ」なんてことは良い出汁益せんよね。もとい、言い出しません。

書きたいことは、どこどこが原産でーとか、どこどこでうまれてーとかそういう話なので、秘密ではありません。

そもそもみかんに秘密はありません。私が無知なだけであります。

もう一度やってごらん

寒い冬の日は炬燵(こたつ)と蜜柑(みかん)が恋しくなります。こたつもみかんも日本の冬の風物詩ですよね。ご家族の人数が多い方は、箱買いされるくらいの。。。

いつまで箱買いにこだわっているのでしょうか。みかんを箱買いされる方をスーパーで見かけることも多いですが。

テイク3

寒い冬の日は、炬燵(こたつ)と蜜柑(みかん)が恋しくなります。こたつもみかんも日本の冬の風物詩ですね。みかんを箱買いされている方をスーパーで見かけることも多いです。そんなみかんですが、同じ柑橘類(かんきつるい)として、グレープフルーツやオレンジ、伊予柑なども知られています。みかんとの違いはどこにあるのでしょうか。そういったことを調べてみました。

柑橘類として、グレープフルーツや、オレンジ、伊予柑やポンカン、甘夏などいろいろと種類がありますが、何が違うのでしょうか。

そういったことを調べています。

何を書きたいのかによって書き出しは変わってきます。その記事の具体的な中身が決まっていない状態では、書き出しは書けないようですね。

ん?グレープフルーツとの違い?

未完
[ Located in : 蜜柑未完 2017年1月 ]
[ Camera : Nikon D700 ]
[ Lens : Nikon AF-S NIKKOR 50mm f/1.8G (Special Edition) ]

プライバシーポリシーと広告について