のるまで るこう

み み

暑い夏の季節がやってきますな今日この頃

BMWは自動運転でドリフトするんだけど。トヨタは自動運転で何するの。


2014年に公開された動画なので、今(2017年)から3年前になるのですが、BMWっていうドイツの自動車メーカーが、自動運転で車をドリフトさせています。

2014年のCESっていう、日本人には特定の人にしか馴染みのないイベントで、BMWの自動運転ドリフトは公開されていたようです。


BMW M235i prototype is world's first self-drifting car - official BMW video

こんな感じです。

うーむ。それで、こういうのって日本のメーカーだったら、「ここまでやらないと思うんだよなー」っていうのが今日の本題でございます。

もしくは、日本のメーカーがこういうのを演出すると、「やらされてる感のあるスポーティーイメージに見えてしまうんだよなー」っていうグチグチ愚痴でございっます。

BMWが自動運転でドリフトする

BMWが自動運転でドリフト
[ 出典 : BMW ]

BMWの自動運転によるドリフトパフォーマンスは、通常の研究開発業務の延長線上にあったのかもしれないけれど、日本のメーカーだったらさ、まずは、人間をカメラでキャッチしてブレーキをかけましょうとかさ?

自動運転でドリフトする前に、アクセルとブレーキの踏み間違いを防止するために自動運転にしましょうとかさ?

そっちの方向に、軸足を置いて流れていく気がするんです。車を横向けて走らせる暇があったら、そんな無駄なことはしていないで、コストダウンを優先しなさいって言われてしまいそう。

さて。

BMWのように楽しまないと

BMWが自動運転でドリフト
[ 出典 : BMW ]

いや、実を言いますと、ブログで記事を書き始めると、どうしてもPVを集めることに必死になってしまっていて、「あんまり楽しめてないなー」って。そんな気持ちになっていたときにこの動画を思い出したのであります。

な ぬ ?

わしもBMWみたいに自動運転でドリフトさせたい。

確かに楽しいんですよ。

この例えで意図が伝わるかどうか自信がありませんが、「こんなのが受けるのかな?」「あんなのが受けるのかな?」っていうゲームをしているような感覚に近いんです。

この話題を振りかけてみよう。

あの話題を振りかけてみよう。

それに対してリニアに反応があるのかどうかで、一喜一憂する感じであります。ミドリムシは惨敗でした。車の試乗ネタはなかなかに好調です。

楽しいですよ。

たぶん。

相手を見据えて自分の形を変えていく戦略は、

自動でブレーキをかけてくれたり?世界中、どこの国に行っても大ヒットするような世界戦略車をつくる?イメージに似ているかもしれません。

それは自動車メーカーに失礼だ

はい。そんなに大それたものではありません。

んで。

たぶん今の自分がブログに対して取り組んでいる作業ってのは、「BMWが自動運転でドリフトさせちゃえ」っていう方向とは、ある意味真逆の方向に取り組んでいるような気がして

「きちっとした文体で文章を連ねる必要がある」っていう自分の勝手な思い込みや、「記事を投げ入れてグーグルにインデックスされてから1時間以内に集客がないと凹む」っていう意味の分からない感情の落胆に疲れたのであります。

もうちょい自由に描こうぜ。

そ れ な

そうそう。

トヨタのすぐに横向けるCM

BMWが自動運転でドリフト
[ Title : いつもの絵 2017年2月 ]
[ Film : Kodak GOLD 200]
[ Camera : Nikon F2 ]
[ Lens : Nikon AI NIKKOR 35mm F2S ]

もう1つ言いたいことは、トヨタさんもCMの中でスポーティーを演出するために、割と簡単に車を横に向けて走らせていますが、私はあのCMに関しては、「いかがなものかと」思うタイプです。

※車の運転は交通ルールを守り、安全運転を心がけましょう。

そういうドリフトちっくな演出をするのならば、こんなようなサブタイトルが必要ですよ。トヨタさん。

いくらBMWが自動運転でドリフトさせてるからって、ヴィッツとかボクシーを横向きに走らせちゃダメでしょ。トヨタさん。

※車の運転は交通ルールを守り、安全運転を心がけましょう。

「安全」と「安心」と「スポーツ」っていうこの掛け声をすべてに上手に凌駕できる自動車会社のイメージって難しい。

最近、車のレビュー記事をひたすらに読んでいても感じるのですが、スポーツカーを箱根峠でぶっ飛ばしてレビューしている自動車評論家の皆様って、どれくらい読者の方向を向いているのでしょうか。

まぁそれが仕事なんだろうけれどさ。

そんなかっ飛ばす運転ができる人って、本当に一握りの限られた人達だと思うんです。カウンターステアって、あてるものじゃなくて、あたるものだからね。リアが流れると勝手にカウンターステア状態になっているイメージに近いです。

※車の運転は交通ルールを守り、安全運転を心がけましょう。

んで。

足回りがどういう風に動くかとか、電子制御のトラクションコントロールがどれくらい介入するのかとかって、かなり飛ばさないと分からないと思うんだよね。

はい。

BMWは楽しい自動車開発を

トヨタは守りの自動車開発を

自動車評論家は相手をその気にさせる試乗記事を

私は?

文 化 的 雪かき

やれやれ。

BMWが自動運転でドリフト
[ Title : いつもの絵 2017年2月 ]
[ Film : Kodak GOLD 200]
[ Camera : Nikon F2 ]
[ Lens : Nikon AI NIKKOR 35mm F2S ]

楽しむと、ひと言で表現できても、様々な方向性の楽しむがあります。そんなことに気がつかされた雨の午後でありました。

自分の欲求に対してナチュラルに楽しみたいな。

プライバシーポリシーと広告について