のるまで るこう

み み

寒くなり(おふとんゴロゴロ)今日この頃

人生なんて茶番である

人生なんて茶番である

茶番劇

あまり考え込まないで、肩の力を抜いた方(適当にやった方が)が上手くいくことが多い。最近そう思う。ちゃんとやろうとすればするほど、自分におかしな期待をしてしまって、それこそ上手くできない。

おたんこなすな例かもしれないが、旅行とかさ。あれやこれやプランを決め込まずに、それこそ宿も決めないくらいの気持ちでサッと出かけたほうが、僕の場合は楽しめてしまう。そう。僕の場合は。

何かを始める時よりも、何かを終わる時の方がつらいし、体力を使う。仕事も恋愛も何もかも。ある程度の人間関係ができあがっているところから去るということは、そこにそれなりの理由があるわけだ。

誰かがテレビで話していた言葉で、「趣味なんだからちゃんとやれ。仕事じゃないんだから、手を抜くな。」というフレーズがあった。引き際を自由に決めることができる趣味だからこそ、ちゃんとできるのかもしれない。

なんていうかその、人間関係の勝負の延長線に発生する出来事は、ちゃんとしようと思うから心苦しいし、上手に切り抜けようと思うから緊張するわけだ。だからこそ、そんなときにふと思う。人生なんて、きっと『神様の茶番劇である』と。

プライバシーポリシーと広告について