読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ネット炎上保険。炎上したい放題では?損保ジャパン日本興亜が販売。

トレンド紹介

スポンサーリンク

ついにきました。こんな時代が。

ネット炎上保険が、きたる2017年3月6日より、保険大手の損保ジャパンより販売されるようです。

ついに、好き放題に炎上しまくれる時代がやってきました。これでもう、炎上を恐れてびくつきながらマーケティングする必要がなくなります

違 う ! ダ メ! 絶 対!

えっ。

ネット炎上保険が販売開始

Buzz Feed Japanの記事で、ヤフーニュースに展開されています。以下、少しだけ引用いたします。

企業向け「ネット炎上」保険が登場 国内初

2017年3月3日

企業が「ネット炎上」した場合に備えた保険を、損害保険ジャパン日本興亜が3月6日から販売する。ネット炎上を対象にした保険は、国内初。

  • 企業の従業員がツイッターで投稿した写真に、個人情報が写り込んでいたケース。
  • 不動産仲介業者の従業員が「有名人が来た」などと来店者の情報をツイッター上にあげたケース。
  • 飲食店店員の不衛生な行為が、ネットで騒動になったケース。
  • 従業員の不注意な投稿で、内部情報が漏えいしたケース。
  • 従業員のプライベートな投稿でも、企業と紐付いたかたちで批判が集まった場合。

  • 商品に異物が混入していたことがツイッター上で実況中継されて、企業対応の内容にも批判が寄せられるケース。
  • 企業のサービス内容や価格に不満を持ったユーザーがブログで取り上げ、ネット上で拡散したケース。

昨年批判を浴び、閉鎖されたディー・エヌ・エー(DeNA)の医療情報サイトのような「キュレーションサイト」も対象。サイトに掲載した記事が炎上し、批判が殺到した場合なども、保険の対象だという。

一方で、意図的に世間に注目させる目的で炎上を引き起こす「炎上マーケティング」の場合には保険金は支払われない

引用:Yahoo!Japan

うーむ。

ま じ っ す か

本気です。

ディー・エヌ・エー(DeNA)などの医療情報サイトのような「キュレーションサイト」と完全に名指し指名されております

DeNAなどの医療情報サイトの皆様、いい仕事しましたね。と、思っている人も多いはずです。

言 い 過 ぎ で しょ !

ごめんなさい。

お金のなる木

ネット炎上保険
[ Title : お金のなる木 2017年2月 ]
[ Camera : Nikon P300 ]

そこに保険ができるということは、そこにそれなりのお金が流れているということです。従業員の情報リテラシーの欠如を補うよりも、保険というお金で解決したほうが、保険会社も被保険者も安心ってことでしょうか。

どうなんの?

どこからが炎上なのか

いったいどこまで騒ぎが大きくなってからが炎上の対象として判断されるのでしょうか。その判定基準が気になるところでございます。

そしてそれと同時に、どこから先が「炎上マーケティング」と判断されるのでしょうか。その判定基準も気になるところでございます。

も や せ ! 炎 上!

また1つ、新しい仕事が増えましたね!

心の無い感想をここにボソッとひと事で用意してあります。お金って簡単に稼げる時代なんだね。うふっ。

だってさ、炎上はねらってません!って言いながら、株式のインサイダー取引のように、炎上させちゃえばいいんじゃなーい。

※悪いことを考えるのはやめよう!

※一部、フィクションです!

2016年11月16日のニュースリリース記事
『ネット炎上対策パッケージ』の提供開始 ~ネット炎上対策で国内初の新サービスを共同開発~