のるまで るこう

み み

涼しくなって(過ごしやすいな)今日この頃

smc PENTAX-DA FISH-EYE 10-17mm F3.5-4.5

smc PENTAX-DA FISH-EYE 10-17mm F3.5-4.5

smc PENTAX-DA
FISH-EYE 10-17mm F3.5-4.5

smc PENTAX-DA
FISH-EYE 10-17mm F3.5-4.5

『使ってみてびっくり!』とは、まさにこのレンズのことだと思う。レンズを変えるだけで(こんなにも)表現できる世界が変わるとは想像もしなかった。そんな1本。

ズームレンズに始まり、広角から中望遠まで単焦点レンズを集めて、そういえば魚眼(フィッシュアイ)は使ったことがない。(ついに)PENTAXからフルサイズカメラが販売されたこともあって、今更になってAPS-C規格のレンズを増やすのもどうかと、迷いも少なくはなかったけれど。このレンズには、もっと早く出会いたかった。

smc PENTAX-DA FISH-EYE 10-17mm F3.5-4.5

smc PENTAX-DA
FISH-EYE 10-17mm F3.5-4.5

・review・

はっきりいって、使いこなしは簡単なようで難しい(と思う)。「周辺部がゆがんで写ること」そして「広い画角」を活かして、『広すぎる空』を写したり、『ゆがむ直線』を写したり。最初のうちは、それだけで『楽しい』のだけれど、だんだんとマンネリ化していく。いつも同じ構図、いつも同じ空。さぁどうしよう。

こうなってからが、このレンズの楽しみ方だ(と思う)。『なにを撮ろう』と、かなり真剣に悩む。そして悩む。また悩む。魚眼が魅力的に写せる構図や景色を探す、ものすごーく単純な世界の入り口に立つ。

例えば、『フレーミングがいつも単調に』なってしまう。空と地面の境目をゆがませたくなってしまう。そしていつも、同じような構図の写真が生まれてしまう。(まぁ、それでもいいんだけどさ。)たまには違う世界を撮りたいじゃないか。

単調な世界から逸脱できるはずの「魚眼」レンズなのに、毎回同じように単調な写真が撮れてしまうのは、どうしてなんだろう?そんなジレンマと遊ぶ。

smc PENTAX-DA FISH-EYE 10-17mm F3.5-4.5

smc PENTAX-DA
FISH-EYE 10-17mm F3.5-4.5

smc PENTAX-DA FISH-EYE 10-17mm F3.5-4.5

smc PENTAX-DA
FISH-EYE 10-17mm F3.5-4.5

smc PENTAX-DA
FISH-EYE 10-17mm F3.5-4.5

『あぁ、いいねぇ。』という場所に落ち着いてから、カメラをライブビューに切り替えて、とにかくあらゆる角度にレンズを振り向けて、想像もしなかったような構図を見つける。あまりにも広角であるために、ときとして「余白」が写り込む。

「楽しいかどうか」を問われたら、間違いなく『楽しい』し、レンズの特殊性を使って、唯一無二の写真が撮れることに間違いはない。そして、有難いことに「ズーム」できるので、微妙な『余分』を調整することもできる。もしも迷っているのなら、ぜひとも手に取ってほしい1本(だと思う)。世界が変わる(はず)。

smc PENTAX-DA
FISH-EYE 10-17mm F3.5-4.5
・(サンプル写真をもっと見る)・

プライバシーポリシーと広告について