のるまで るこう

み み

暑い夏の季節がやってきますな今日この頃

ガジュマルを植え替えたら成長が再開した!注意点とコツを伝授します。

ガジュマルを植え替えたら成長が再開した!注意点とコツを伝授する。

5月になったのでかわいいかわいいガジュマル君の植え替えをしました。そしたらちょっとおっちょこちょいなミスをしてしまいました。

どんな土が良いの?

鉢のサイズはどうすれば良いの?

その辺が分からなかったので、ホームセンターの園芸コーナーで優しそうなおばちゃんにレクチャーを受けましたとさ。

土の種類と鉢のサイズ

観葉植物用

すみまーせん。ガジュマルの植え替えがしたいんですー。

おばちゃんいわく、その辺においてある『観葉植物用と表記されている土ならば、どれでも変わりません!』とのことです。2リットル入りと5リットル入りが売ってました。

鉢のサイズはどうやって選べばいいんですかー?

おばちゃんいわく、基本的に『鉢のサイズと同じくらいの葉っぱの茂り具合になりますので、今までよりもワンサイズ大きいものを選んだ方がノビノビと成長できると思います。』

とのことでしたので、『なんとなくこれくらい?』で鉢を決めました。

すると、鉢の裏側に「2.6リットル」と表記がしてありました。

おばちゃんいわく、『元々の根っこについている土を1/3くらいは残してあげて植え替えてください。ですから、2リットルの土を買っていけばちょうどいいです。』

とのことでしたので、2リットルの観葉植物用の土と、2.6リットルサイズの鉢を購入することになりました。

おばちゃん。ありがとう!

コツは、『元々ついている土を1/3くらい残すこと』と『植え替えた直後に、水をあふれるくらいあげて、そこから2週間は水をあげないこと』だってさ。ガジュマル君はツヨイ子ヨイ子ゲンキな子なので、他のことは特に気にしなくても大丈夫ですって。

鉢のサイズを比較

ガジュマルを植え替えたら成長が再開した!注意点とコツを伝授する。

緑がきれいです。

左が新しいおうち。

右が古いおうち。

確かに、おばちゃんの言葉どおり『鉢のサイズと同じくらいの葉っぱの茂り方』になったところで成長が止まっていたようです。

新しいおうちは広々していて、ノビノビとニョキニョキ成長できそうな予感がプンプンしています。

トトロの樹のようにこんもりと茂ってもらいたいものです。

ちょっと心配なのが、『鉢のサイズと同じくらいの葉っぱの茂り方』になったとき、もう一度植え替えるってことになるんですかね?

となると、親亀子亀ではありませんが、どんどん大きくなっていくってことですよね?

いつの日かおうちがジャングルのようになってしまいませんか。

ドキドキっすね。

植え替えの注意点

ガジュマルを植え替えたら成長が再開した!注意点とコツを伝授する。

根っこをほぐすことに一生懸命になってしまい、そこで気が抜けてしまいました。

なので、

せっかくの新しい鉢に植え替える段階になって、鉢の真ん中(センター)にガジュマル君を配置する配慮に欠けるという痛恨のミス!

しばらくたって、上からのぞき込んでみたらちょっと偏芯した位置に涼しげにたたずむガジュマル君。

『あれ?』

『もしかして動いた?』

と、そんな錯覚をしたりもしましたが、なんてことはない。植え替える時に真ん中に植え替えなかっただけですね。

まぁいいや。

次から気をつけよう。

新芽がおいしそう!

ガジュマルを植え替えたら成長が再開した!注意点とコツを伝授する。

そして植え替えがすんでから1週間が経ったころ。なんと!新しい葉っぱが!新緑が!芽吹いている!

いままでのおうちがよほど窮屈だったのか、まさに破竹の勢いで新緑が芽を伸ばし始めました。

住み替え作戦大成功!

おうちのサイズと同じくらいの葉っぱの茂り方』が目安となります。

家がジャングルになる日に1歩近づいたのでありました。

プライバシーポリシーと広告について