読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

み み

鎌倉江ノ島の観光を写真多めで発信中!

鎌倉江ノ島の観光情報を写真多めで発信中です。更新がんばりまうす。

売れ筋の車種名という金の大鉱脈への入り口を見つけた話


『高速道路を走っていると やたらと煽(あお)ってくるプリウスにうんざりする話。』という煽り気味の記事タイトルにしようか、はたまた『環境に優しい車を選ぶという個性。気がつけばプリウスだらけで没個性。』というやはり煽り気味の記事タイトルにしようか邪念がよぎりました。

金の大鉱脈
[ Title : 見たんだ 2017年1月 ]
[ Camera : PENTAX K-5ii ]
[ Lens : PENTAX smc PENTAX-DA 18-55mmF3.5-5.6AL WR ]

迷いに迷った結果、売れ筋の車種名という平々凡々なタイトルに納めることができました。この嫌みなタイトルの記事は、早々にインターネットの海の藻屑(もくず)と消えてくれることを願っています。

ふぅー。

今日はちょっとだけ、嫌みなスタンスで記事を書いてみようと思います。別にプリウスが嫌いなわけじゃないです。特別に好きなわけでもありません。

売れ筋の車種というお金が流れている商品の周りには、ハイエナのようにお金に群がる記事がたくさん乱立されていたことに気がついてしまって、改めましてダークな気分になっただけです。

クールな言い方をすれば、ロングテール戦略でニッチなジャンルを狙っても、数少ない本当にニーズのあるニッチな記事を書くことが難しそうなので、潔くレッドなオーシャンに飛び込むことに決めました、ということです。

ま じ か

酸いも甘いも噛み分けるクールでダンディな大人だからね。僕は。

ハイエナの仲間入り

ニッチなジャンルは諦めて、メジャーなジャンルに殴り込みをかけることにします。おはようございます。春雨です。

プリウス プリウス

検索数予想ツールを使って、具体的な月間推定検索数をかき集め、おむすびを使って、主軸となる検索ワード(プリウス)に組み合わされて検索されてる副軸となる関連検索ワードを調べました。

検索数予想ツールを使うと、信頼性は分かりかねますが、yahooとgoogleを使って検索される月間推定検索数を調べることができます。本当はグーグルのキーワードプランナーを有料で使いたいところですがしばらくは我慢です。

「プリウス」を調べてみると、

「プリウス」
yahoo!:181501
google:148500

こうなります。

月間推定検索数としてyahooよりgoogleが少なく表示されたり(実際にグーグルのユーザー数よりもヤフーのユーザー数の方が多いのかも)、サイトの表示が遅くてなかなかつながらないことがあったりと、怪しげなところもありますが、無料でお借りできることを考えれば、十分に満足できる機能です。

「プリウス 中古」
yahoo!:39720
google:36410

「プリウス 燃費」
yahoo!:17760
google:16281

「プリウス カスタム」
yahoo!:7920
google:7261

「プリウス 値引き」
yahoo!:2280
google:2090

「プリウス バッテリー」
yahoo!:2880
google:2640

「単焦点レンズ」
yahoo!:10890
google:8910

と、まぁこんな感じで、おむすびに表示される関連キーワードの月間推定検索数を次々に調査していくことができます。

推定検索数からユーザーの心理を推察すると面白いです。

例えば、「プリウス 値引き」よりも「プリウス カスタム」を検索している人の方が多いですね。不景気とも言われていますが、値段を気にする人よりも、プリウスの個性の無さを気にする人の方が多いとも読み取れます。

また、僕が大好きな「単焦点レンズ」を求めて検索するユーザーの数よりも「プリウスの燃費」が気になって検索するユーザーの数の方が多いってことです。

これぞまさに、ニーズの少ないニッチなジャンルを狙うよりも、ニーズはあるんだけれど、記事の数が少ない、ニッチなジャンルを狙ったほうが、効率よくアクセス数が稼げそうなことを示している結果だと思います。

「プリウス 燃費」の記事数が少ないかどうかは分かりませんが。

金の大鉱脈
[ Title : 見たんだ 2017年1月 ]
[ Camera : PENTAX K-5ii ]
[ Lens : PENTAX smc PENTAX-DA 18-55mmF3.5-5.6AL WR ]

買い取りと査定

「プリウス」というビッグワードで検索しても、グーグルの検索結果における1ページ目から3ページ目の間で、アフィリエイトサイトを見つけることは難しいです。

本家のトヨタ自動車のサイトや、中古車販売業者のサイト、プリウスに関するニュース記事や雑誌媒体の試乗記事などが、検索結果の上位を占めています。

だよね

これはまぁ、納得です。「プリウス」というキーワードを選んで検索する人は、きっと「まだプリウスを持っていない人、もしくはこれからプリウスの購入を検討している人」だと推定されますから。

そうかな?

「プリウス」というキーワードで、「プリウス」にちなんだ人間の行動を大雑把に予測すると。

自動車購入検討→プリウス発見→プリウスが気になる→プリウス欲しい→プリウスの燃費や乗り心地→プリウスの値引き→プリウスのグレード→プリウス購入→プリウスの低燃費な乗り方→プリウスの使い方→プリウスに飽きた→プリウスの次の車→プリウスの下取り価格→プリウスの買い取り価格→プリウス売却→つづく

こんな感じ?人によって検討の順序は違うかもしれないけれど、プリウスという主軸のキーワードから、購入検討予測をするように時系列にそってプリウスに関連する副軸となるキーワードを推察すると、これでもかってくらい、キーワードを邪推することができます。

そして、アフィリエイターの皆さんは、「プリウス 下取り」や「プリウス 中古」などのキーワードの組み合わせで、検索上位表示されるようなページを熱心に作り込んでいました。日本中に大量に走っているプリウスユーザーをターゲットにして、最終的に車の買い取りや一括査定のアフィリエイトの成約を狙っているようです。

な る ほ ど

あー、こういうことだったのか。。。と納得しました。そして、冒頭のダークな気持ちになり、記事タイトルに当てつけのように気持ちをぶつけたくなりました。

キーワードに対してチャンスがあるのかどうかは、実際に検索をかけてみて、アフィリエイターさんが作っているサイトにぶつかるのかどうかが1つの判断基準になるのかと、感じました。

そして、あれ?ありそうなのにアフィリエイト記事が見つからない?ってポイントを見つけたら、たぶんそこが、ねらい目の穴ということです。

むふふ。

記事の質

特にみゅーみゅーした気持ちを感じたのが、「プリウス カスタム」で検索するとたどり着けたサイトなんですが、記事の中で使われている写真が「プリウス」とは別の車種なんです。

「こんなパーツをつけると、プリウスがかっこよくなります!」って書いてあるにもかかわらず、「伊太利亜生まれのオープンカー」の写真がでかでかと表示されていたり。

あからさまに、サイト全体の記事数を水増しするために、「プリウス」という車種名を「アクア」や「フィット」に変えただけの同じ文章の記事が見つかったり。

なんとも言えない。みゅーみゅーした気持ちになりました。あからさまにアフィリエイト狙ってんなー。と。

どんなにカスタマイズしたってプリウスがフェラーリになる事もないし、プリウスがフィットに化けることも無いでしょう。ふっ。

でも、見方を変えれば、これは自分にとってはチャンスにもなるかなぁと感じました。昨日まで車の「く」の字も出てこなかったこのブログで、明日からプリウス祭りが始まるかしれません。

空気抵抗が小さいボディ形状で、エンジンに加えてモーターのアシストが使えるハイブリッド機構がうなりをあげ、静寂の車室空間を実現する剛性の高いシャーシ設計で、高速走行での振動が車内に伝わりにくく、速度超過に気がつきにくい低燃費なプリウスに、いつまでも高速道路で煽られているだけでは終われません。

きりっ。

まぁでも、現実は、大型の重機を縦横無尽に使い倒し、過去の経験とノウハウを持ったベテランアフィリエイター達がガンガンに採掘している金の鉱脈のすぐ横で、僕は1人、つるはしとバケツで、細々と鉱脈を掘り進めることになるんだろうなと。

うん。

大型のダンプにひかれないように、気を付けてね。

はい。

プロダクトとして世の中に多く出回っているもの、「プリウス」もそうだし、「iphone」もそうだし、あとは何があるのかな。

「ヒートテック」という洋服や「嫌われる勇気」という書籍なども、値段のレンジは違うけれど、ニーズの母数という意味では多いのかもしれません。

まさに、金の鉱脈ですな。

さ、次はニキビとビキニでも調べてみようかな。

プライバシーポリシーと広告について