読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

み み

鎌倉江ノ島の観光を写真多めで発信中!

鎌倉江ノ島の観光情報を写真多めで発信中です。更新がんばりまうす。

イラっとした時に考える落ち着く方法


イラっとする時があります。ホトケのハルサメと呼ばれる私にも、そんな瞬間が訪れます。「チッ」と舌打ちをしてしまうこともありました。そして、「いま舌打ちしたでしょ?」と聞かれ、さらにグッとくる、あの感覚を味わったことも何度もあります。あれ?でもその舌打ちをすることが、イラっとした気持ちを鎮めてくれるのだとしたら、それはそれで、良いことですよね。イラっとした時の対処法を考えます。

イライラを抑える
[ Title : まばゆい光 2016年12月 ]
[ Camera : PENTAX K-5ii ]
[ Lens : PENTAX smc PENTAX-DA 55-300mmF4-5.8ED ]

イラっとした時に感じる野生

イライラっとくるその瞬間は、「どかーん」と爆発したくなるような感情がこみ上げてきますが、不思議なものでそこからほんの少し、ほんの数秒でも、その瞬間をやり過ごすことができると、すっと、その感情を押しとどめることができます。

これって、いったいなぜでしょうか?

きっと野生を取り戻しているのでしょう。ほら、敵に狙われた時に、ビビッと感じてササッと逃げないと、食べられてしまいますから。そして数秒で人間に戻るのです。

そうなんです。この野生の感覚に襲われる最初の数秒さえ、なんとかやり過ごすことができれば、後になって後悔する余計なひと言を相手に浴びさせてしまったり、後になって多大に後悔する「気がつけば壁に穴が開いていた」なんてことも、防げるのかもしれません。

イラっとした時の対処法

どうすれば良いのでしょうか。

私がよく、イラっとしてしまう出来事を紹介します。それは、例えば本を読んでいるときに、長電話の主から電話が鳴ったり?例えば勉強しているときに、それを理不尽な理由で中断されたり?

そんな、何かにすっごい集中しているときに、それをそがれるようなことがあると、かなりの確率でイライライラっときてしまいます。

私はホトケではありません。

そんなときの対処法をお伝えします。

無視する

ちょっとだけ(5秒くらい)無視する。

すぐに反応しようとするから、野生の本能に襲われてしまいます。少しだけ、声の主や音の主などを無視するのです。なかったことにして、心を落ち着けて、野生から人間らしさを取り戻すことを確認してから反応します。

☆イラっとする出来事☆
「沈黙の5秒」
「ん?どうしたの?」

こんな感じです。無視することは良くないこと、と小さいころに教わりましたけれど、無視もハサミも使いようです。上手に使えばこの上ない効果を発揮します。

相手も動物だと思う

うさぎたんを思い浮かべます。

イラっとする相手の顔に動物を思い浮かべます。ネコでもイヌでもウサギでも、なんでも構いません。相手が誠意のある人間だと感じてしまうために、イラっとしてしまいます。

あーもう、しょうがないなぁって、そうやって野生の数秒を、野生の動物を想像することによって乗り切ります。

☆イラっとした出来事☆
「相手はうさたんだ」
「まぁ、しょうがないかぁ」

こんな感じです。ここで、相手がうさぎたんだと本当に勘違いして、手が出ないように気をつけましょう。

意識をそらす

私は、親指の爪を見つめることがあります。

すぐに反応することを避けるために、イラっとした時の対策を心にとどめておきます。例えば、親指を見つめる。例えば、胸に手をあてる。などなど、何かしら人前で行ったとしても、相手に気づかれにくいパターンを決めておくことです。最初の数秒を、その行動に置き換えてしのぎます。

☆イラっとした出来事☆
「親指の爪を右手と左手で3秒ずつ見つめる」
「はい?どうしたの?」

こんな感じです。自分の気をそらすことが、良好な人間関係を保つことにつながります。

イライラを抑える
[ Title : 夜の街へ 2016年12月 ]
[ Camera : PENTAX K-5ii ]
[ Lens : PENTAX smc PENTAX-DA 18-55mmF3.5-5.6AL WR ]

雨具を用意する

雨が降ると憂鬱な気分になります。だからこそ、レインブーツを買いましょう。だからこそ、500円のビニール傘を卒業して、ちょっとおしゃれな傘をプレゼントしましょう。雨の日が待ち遠しくなります。

同じ原理を利用して、イラっとした時の対策を、事前に用意しましょう。沈黙の5秒もいいですね。足の指を眺めてもいいでしょう。うさぎたんの顔を見つめてもいいです。

これらの対策をイラっとするタイミングが待ち遠しくなるように、事前に用意します。

イラっとする瞬間が待ち遠しくなりませんか?

人間というのは面白い生き物です。イラっとすると思うからイライラしたネガティブな感情に染まってしまいます。

イラっとする瞬間が待ち遠しくなれば、それはイラっとする瞬間から、イラっとするけれどなぜか待ち遠しい瞬間に変わっていきます。イラっとする瞬間が楽しみになってきます。

あれ?気がつけば、イラっとする瞬間が減っていませんか?壁に穴をあける前に、親指の爪を穴があくほど見つめてみましょう。

おまけ

私がひそかに実践していることがあります。イラっとした瞬間を1つ数えるごとに、イラっとポイントを貯め込みます。

そして、そのイラっとポイントが5ポインツたまったところで、いつものランニング時間を15分伸ばします。1ポイント3分換算です。

イラっとするたびに、ランニング時間が増えていきます。

そして、ランニングしながら考えるのです。この15分の延長でイラっとポインツを5ポイント消費できた。ストレスも解消されていく。

さらに走りながら考えます。どうしてイラっとしたんだろう。思い出せないことが多いです。イラっとする原因は案外すぐに忘れてしまうものです。

あるとき気がつきました。ささいなことでイラっとしている自分に。

こんな方法もあります。

たまっていくイラっとポインツは、なるべく早めに消化することがランニング時間をいつも通りに保つコツでございます。

8キロ痩せました。
ダイエットに最適ではないでしょうか。

プライバシーポリシーと広告について