読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

み み

鎌倉江ノ島の観光を写真多めで発信中!

鎌倉江ノ島の観光情報を写真多めで発信中です。更新がんばりまうす。

江ノ電の鎌倉高校前駅は聖地であり戦場でもある。

鎌倉高校前駅

鎌倉高校前駅は絶景が撮れる

鎌倉高校前駅

鎌倉高校前駅」という湘南のイメージを象徴するような絶景の駅が、江ノ島電鉄沿線にはあります。目の前に広がる青い海。どこか異国情緒が漂う片面のホーム。

1903年に日坂駅として開業した鎌倉高校前駅は、1997年に、『ホームから全面いっぱいに「湘南の海」が広がっている駅』として、関東の駅百選に選定されています。

アニメやドラマやCMなどで、鎌倉高校前駅に見覚えのある方も多いのではないでしょうか。さて、そんな鎌倉高校前駅をいかにして攻略するのかというお話でございます。

攻 略 ? ?

いえーす。攻略しちゃう。

関連する記事

2017年!鎌倉の桜情報更新中!

鎌倉高校前駅は有名であるがゆえに

鎌倉高校前駅
[ Title : きらめく海風 2016年12月 ]
[ Camera : PENTAX K-5ii ]
[ Lens : PENTAX smc PENTAX-DA 55-300mmF4-5.8ED ]

神奈川県の湘南地区が有名漫画「SLAM DUNK」(スラムダンク)の舞台になっていることは、小さな頃から知っていました。神奈川県立湘北高校ですからね!主人公の母校が。

そして、アニメのオープニングなど様々なシーンで江ノ電とか江ノ電とか江ノ電とか、鎌倉高校前駅とか鎌倉高校前駅とか鎌倉高校前駅とかが、美しく描かれていることも、もちろん知っていました。

夏休みに見てたな・・・。

懐かしいね。

鎌倉高校前駅
[ Title : 染まる街並み 2016年12月 ]
[ Camera : PENTAX K-5ii ]
[ Lens : PENTAX smc PENTAX-DA 55-300mmF4-5.8ED ]

ちなみに・・・。稲村ケ崎の海浜公園から、夕暮れ時に、鎌倉高校前駅の方を望むと、こんな感じです。あらま。これなんて絶景。

海岸通りは渋滞していることが多いから、江ノ電に乗ってお出かけするのが正解かと思います。

江ノ電に乗ろう!

さて。

関連する記事

由比ヶ浜の喫茶店でお茶してみる

盛り上がってます

それにしても、鎌倉高校前駅の東側の踏切の盛り上がりっぷりには、おどろきを隠せないものがあります。アジア系の観光客が大量に押し寄せております。それはもうTSUNAMI。

それだけならば、大歓迎なんですが。

マナーというキャラクター

鎌倉高校前駅
[ Title : 消える色彩 2016年12月 ]
[ Camera : PENTAX K-5ii ]
[ Lens : PENTAX smc PENTAX-DA 18-55mmF3.5-5.6AL WR ]

ちょいとマナーの悪さを感じる瞬間があります

ざ ん ね ん ・・・

「ほんのわずかな人達」ですが、踏切のど真ん中で写真を撮りまくってます。車が通ろうがバイクが通ろうが、そんなことはお構いなしにポーズを決めて自撮り棒でぱしゃぱしゃしてます。

大きなカメラを担いでパシャパシャしている人もいます。クラクションが鳴り通しの瞬間もあります。にもかかわらず、よけずにポージングを続けます。その度胸に尊敬の念を抱かずにはいられません。見ていてこっちがハラハラどきどきしちゃいます。

どきがムネムネしちゃう

いつからだろう。

鎌倉高校前駅
[ Title :青い車窓 2016年12月 ]
[ Camera : Nikon D700 ]
[ Lens : Nikon AF-S NIKKOR 50mm f/1.8G ]

私が学生だったころは、このような盛り上がりを感じたことはありませんでした。きっと最近なんでしょう。インターネットの影響力ってすごいね。

聖地巡礼に対して盛り上がる気持ち、とてもよく分かります。江ノ島の美しい海、空、風は、すがすがしく、体も心も開放的になってしまうこと、とてもよく分かります。

でもなー。なんだろう。ちょっと間違ったら事故です。あぶないです。「まじであぶないんだよ君たち!」こんなところでひかれちゃったら人生もったいないぜ。あきらめたらそこで試合終わっちゃうぜ

気を 付けて くれたまえ

え ら そ う に・・。

うむ。

お目が高い欧米人

鎌倉高校前駅
[ Title :いつかの青 2016年12月 ]
[ Camera : Nikon D700 ]
[ Lens : Nikon AF-S NIKKOR 50mm f/1.8G ]

おもしろいのは、鎌倉高校前駅の踏切に集まってカメラを構えるのはアジア系の旅行客ばかりなのです。のように見受けられます。お鼻が高い欧米系の観光客はあまりお目にかかりません。

彼らは稲村ケ崎のオーシャンビューのクラッシックなカフェでお酒を飲んでます。さすが、お目もお鼻も高い。私は鎌倉高校前駅の踏切稲村ケ崎のカフェもどっちも好きです。どちらもおススメです。

鎌倉高校前駅を攻略する

鎌倉高校前駅
[ Title : 夏も冬も夜 2016年12月 ]
[ Camera : PENTAX K-5ii ]
[ Lens : PENTAX smc PENTAX-DA 18-55mmF3.5-5.6AL WR ]

さて、やっと本題です。

鎌倉高校前駅は、江ノ電のお立ち台としても、観光地としても有名ですが、昼間は海を正面として逆光となるため、車両を収めようとすると適正露出が見つからず、写真家には難しいロケーションとなります。

鎌倉高校前駅をどうやって撮る?どうやったら「良い感じ」の作品が仕上がる?を検証しました。

背景は捨てる

鎌倉高校前駅
[ Title : 飛び去る白 2016年12月 ]
[ Camera : PENTAX K-5ii ]
[ Lens : PENTAX smc PENTAX-DA 55-300mmF4-5.8ED ]

背景が飛ぶのはお構いなしにスローシャッターで流しまくりましょう。ハイキーで流せば気持ち良いです。あせらず流し撮りましょう。

ひかれぬように撮りましょう。周りの人の迷惑にならぬように気をつけましょう。生活道路です。

観光客に感謝する

鎌倉高校前駅
[ Title : 広がる日常 2016年12月 ]
[ Camera : PENTAX K-5ii ]
[ Lens : PENTAX smc PENTAX-DA 55-300mmF4-5.8ED ]

逆光も観光客も自動車も諦めて普通に撮りましょう。すべてが美しい。

アジア系のお客さんは黙っていてもポージングを決めてくれます。すかさず撮る。撮りまくる。群がる人達を横目にセリフを決めましょう。「人がゴ〇のようだ!」と。

まぁまぁ。落ち着いて。

ほい。

横から攻める

鎌倉高校前駅
[ Title : 横の世界 2016年12月 ]
[ Camera : PENTAX K-5ii ]
[ Lens : PENTAX smc PENTAX-DA 55-300mmF4-5.8ED ]

押してダメなら引いてみる。これ写真の鉄則です。踏切を正面から撮ることはあきらめて、横から攻めましょう

素晴らしくグッドなタイミングで素晴らしい被写体に出会えるかもしれません。一歩引いたあなたには、写真の女神が微笑みます

夕暮れを攻める

鎌倉高校前駅
[ Title : 夕闇の彼方 2016年12月 ]
[ Camera : PENTAX K-5ii ]
[ Lens : PENTAX smc PENTAX-DA 18-55mmF3.5-5.6AL WR ]

夕暮れを待ってから撮りましょう。電車から漏れる灯り、夕暮れ色に染まる空、海に浮かぶ伊豆大島、そのすべてが優しいハーモニー。観光客の皆さんもすべてシルエットに溶かしてしまいましょう。ここで流し撮りが決まると最高ですね。

ブ レ て る ね 。

残念でした。

鎌倉高校前駅

鎌倉高校前駅
[ Title : 霊峰 2016年12月 ]
[ Camera : PENTAX K-5ii ]
[ Lens : PENTAX smc PENTAX-DA 55-300mmF4-5.8ED ]

というわけで。

鎌倉高校駅前で、いい感じの素晴らしい写真を撮りたいのならば、早朝を狙うか、夕暮れ時を狙うことをお勧めします。太陽との位置関係で昼間はどうしても逆光になってしまいます

車両に露出を合わせると海と空が飛んでしまうんだよね。これらを考慮したうえで、印象的な作品に仕上げましょう。

え ら そ う に・・。

はい。すみません・・・。

以上、鎌倉高校前駅からお伝えしました。

関連する記事

2017年!鎌倉の桜情報更新中!

鎌倉高校前駅

プライバシーポリシーと広告について