金曜日の開放感

土日休みの仕事をしていると金曜日の仕事終わりに、ものすごい開放感を感じます。これって普通ですか。

というのは。「 明日から1週間仕事だーぁ 」という憂鬱を日曜日の夕方に感じたくないというところから話が始まります。

「 やっと休みがきたー 」という開放感の裏側には、「 平日の仕事はマジで地獄だー 」という意識が潜(ひそ)んでいるような気がします。まさに潜在意識。これってどうなのよ と。

今日という火曜日を終えて思うのですが、火曜日に感じる1週間の長さほど途方もないものはありません。たぶん。

月曜日は、今週もはじまったか。水曜日は、やっと半分まできた。木曜日は、あと1日で休みだ。金曜日は、明日は休みだ。ほらね。火曜日ってしんどいでしょ。

何を楽しいと感じるのかは人それぞれ。どうやって自分をだましてご機嫌に過ごせるのかに、論点を強引に持ち込むとするならば。

病気があったせいでしばらくまともに働くこともできなかった人間なので。例えばほら。多くの会社は平日にしか操業してないわけだから、平日は積極的にお金を稼げる日なんだと(視点を変えて)考えるようにするとかですね。

月曜日火曜日あたりは休みの続きのような気持ちで仕事をしてみるとかですね。

金曜日の開放感を少しずつ減らしていくようなメンタルの運用を考えつつ、生活してみたいのであります。

金曜日の開放感