のるまで るこう

み み

寒くなり(おふとんゴロゴロ)今日この頃

曲がる歯ブラシ(ライオン)を使ってみた

曲がる歯ブラシ(ライオン)を使ってみた

ライオン クリニカKid's ハブラシ

曲がる歯ブラシ

ニュースを読んでいて、身近な危険を再発見して対策するという意味で、曲がる歯ブラシは「ナイスなコンセプトの商品だな」と思った。自分自身でも(大人になってから)、不注意でのどを突きそうになった記憶があるからかもしれない。

調べてみると、ライオンとDHL(という会社?)から似たようなコンセプト(曲がる)の歯ブラシが販売されているようで、ライオンの曲がる歯ブラシは、商流が整っているようだった(近所のスーパーでも売ってる)。

もちろん子供用。0歳から2歳、3歳から5歳と年齢別に大きさを変えてシリーズ化されている。というわけで、3歳から5歳用の曲がる歯ブラシを買ってみた。

曲がる歯ブラシ(ライオン)を使ってみた

ライオン クリニカKid's ハブラシ

曲がる歯ブラシ(ライオン)を使ってみた

ライオン クリニカKid's ハブラシ

曲げてみた

百聞は一見に如かずなのだが、ハミガキをするときに剛性を必要とする方向(ブラシの毛が生えている方向)には曲がらないような作りになっている。パッケージの絵にも描かれているように、(ライオンの曲がる歯ブラシは)ヘッドが特定の方向にのみ首を振るようだ。

おー、なるほどなと、感心した。確かにこれならば、不要な力が生じたとき折れ曲がる構造で、ハミガキに必要な力だけを伝えることができる。ライオンのCM動画が、写真よりも分かりやすい。

続きを読む
(曲がる歯ブラシで磨いてみた)

※・※・※

※・※・※

プライバシーポリシーと広告について