読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

み み

鎌倉江ノ島の観光を写真多めで発信中!

鎌倉江ノ島の観光情報を写真多めで発信中です。更新がんばりまうす。

ライフハックまとめネタのパロディ宣言


うそでしょ?そんなことあるわけないよね?「たった3日でマイナス5センチ」とか。「主婦が半年で100万円」とか。「1か月で3センチの成長」とか。あれは本当のことだと思って信じるからおかしなことになるわけであって、作り話だと思って読めばとっても面白く楽しめます。そんな話。

まとめのパロディ
[ Title : パロディ 2017年1月 ]
[ Camera : Nikon P300 ]

ライフハックに書かれること

ブログを始めてからは、書く人の目線になって記事を読むことが多くなりました。情報を探すために記事を読むのと、記事を書くために記事を読むのでは、それこそ月と鼈(すっぽん)くらいの差があります。

まじかー。「どこの記事に書いてあることも、おおよそ中身は同じじゃないか」って思ったり、「こういう構成で記事が組み上げられると信じたくなっちゃうよね。うふっ」ってな書き方を見つけたり。

パターン

勉強熱心な性格が影響して、分析を開始した結果がこちらです。


人間の脳には、短期記憶と長期記憶があります。短期記憶とは、スーパーでの買い物など冷蔵庫に補充する食品を覚えたり、歴史のテスト勉強の中で年号を覚えたりするような、一時的な記憶のことを示します。

一方で長期記憶とは、短期記憶が繰り返し継続されることによって、脳内に形成される継続的な記憶のことを示します。初めて通う通勤経路でも、毎日繰り返し通うようになれば、地図をみなくても通えるようになりますよね。これが長期記憶です。

この短期記憶と長期記憶の違いを単語の暗記にも利用することができます。忘れがちな短期記憶の内容を、繰り返すことで長期記憶に変換すればよいのです。

以下に私が実践して効果のあった具体的な方法を5つ紹介いたします。私はこの方法を使うことで3カ月でTOIECの点数を300点アップさせることができました。おすすめの方法です。

重ね合わせる

毎朝5つ単語を用意して、通勤に合わせて曲がる交差点や乗り換える電車にその単語の名前を付けて、今持っている長期記憶と、新しく覚えようとする短期記憶を重ね合わせることで、短期記憶の長期記憶化を促進する。

ほにゃほにゃ続く。


まとめのパロディ
[ Title : パロディ 2017年1月 ]
[ Camera : Nikon P300 ]

仕組み

まず、人間の脳の仕組みや心理的な仕組みなど、AはBである。という普遍的な原理や前提条件をパッと紹介します。人間の脳には、短期記憶と長期記憶があります、というくだりが当てはまります。

ここから、この仕組みを利用してどうやってライフハックしようか?というような論理が展開されると、よく見かけるまとめサイトができあがります。

今回は単語の暗記を代表とする英語の勉強に活かす記事ができあがりそうでしたが、同じ原理を利用して、トラウマを克服する方法の記事が書けたり、受験勉強している学生向けの記事が書けたり、それこそ組み合わせは無限大です。

一方で、短期記憶と長期記憶があるっていうけれどそれって本当なの?っていう方向にお話を展開すると、それは学術的な記事ができあがります。

さらに、そこで、このような仮定に基づいてこの理論を検証するために実験を行いました、というような話が出ていると、あーちゃんと検証されているんだねってことが分かるようになります。

ようするに、AはBであるっていうなんとなくそれっぽい仕組みの話をいくつか仕入れて、こういう時に困るよねっていうライフハックしたいネタをいくつか仕入れれば、それらを組み合わせて生き方支援系のサイトは書きまくれるってことになります。

キュレーション

そして僕は、そういう記事がかーなーり、好きなんです。

だって本当かどうか分からないけれど、ちょっとした人間の仕組みや癖に気がついて、それをいろんなところに応用しましょうよって、前向きで楽しいじゃないですか。

それに、それらの仕組みが真実かどうかなんて、この先の未来でどんどん解き明かされていくことですので、いまそれらが正しいか否かを議論してしまって、その見え隠れする仕組みを上手に利用しないのは、もったいないと思います。

だってさ、ダイヤモンド。あれって炭素の塊です。なんであんな人間以外の生物からしたらゴミ同然のものが高価で取引されているんですか?真珠もしかり。おかしいよね?

信じることによってプラシーボ効果(偽薬効果)を最大限に発揮するような。そんな感じ?思い込むことによってマインドセットをどうやって変えるのか。これこそがライフハックの根幹かと考えています。

まとめのパロディ
[ Title : パロディ 2017年1月 ]
[ Camera : Nikon P300 ]

だけど、やっぱりそれを真実だと思って読む人がいるのは問題ですよね。1日5分運動するだけで、10日間でウエストが5センチ細くなりました。なんて、このくらいだと本当か?って疑えることもありますが。

僕はそういう記事を馬鹿にするわけでもないし、真実だと思うかどうかは別として、これは面白そう、信じてやってみようと、その気にさせる記事だったら書いてある内容を実践してみます。こんなスタンス。

アドラーの心理学だって、こういう理論がありますと言われたところで、じゃあそれを見たことがあるんですか?今すぐ目の前に出してくださいと言われて出せる人はいません。

ただし、そういうことを考えながら生きてみて成功したかも?って人を登場させることはできるのかもしれません。ただし、それはその理論を出したわけではなくて、その理論を実践した人を出したことになります。

ちょっと違います。

ダイヤモンドや真珠の価値も、お金に交換された時に見えてくるのかもしれないけれど、そうやって何かに交換されない限り、価値は見えてきませんよね。

このページも、私という1人の人間が思ったことや調べたことや感じたことや考えたことを書いているだけであって、本当かどうかはこれっぽっちも分かりません。

ということは、積極的にトンでも理論を展開させてあり得ないライフハックやまとめを書いてみたらよりおもしろくなるなーって、そんなことを考えたのでありました。

道端の石ころをダイヤに。


プライバシーポリシーと広告について