のるまで るこう

み み

涼しくなって(過ごしやすいな)今日この頃

インターネットは趣味の宝庫

インターネットは趣味の宝庫

インターネットは趣味の宝庫

インターネットは趣味の宝庫
『 やってみた 』の タウンページ

その昔、ADSLが普及してつなぎ放題というサービスプランが当たり前になった頃、インターネットは「単純なる」趣味の発信にあふれていたと思う。例えば、「プラモデルを作って」「200万画素くらいのデジカメで撮って」『制作日記』を発信とかさ。

僕の趣味がそっち系だったのもあって、自動車のエンジンスワップだとか、素人オールペンだとか、はたまた、鉄道模型のジオラマを作ってみたり、カープラモの制作日記だったり、そんな人達を探すために『検索エンジン』は存在した。

まぁさ、「だからなんだ」という話なんだけれど、あの頃のヤフーやグーは、そんな人達のアドレスをきちっと登録してあるタウンページのような感じになっていて、今思えば「それなりに」「楽しく」各カテゴリーのリストを巡回することもできた。

今、検索エンジンで検索しても、そういう「まじめに」趣味を楽しんでいる人達の発信は、ゴミのようなつまらないメディアのカスみたいなページに埋もれてしまって、なかなかたどり着くことができない(ような気がする)。いや、うそかも。

なんていうか、そんな気がしただけかな。以前から、そういうちゃんと楽しんでいる個人のページっていうものは、たどり着くために検索ワードを変えたり、それこそ検索結果が表示されなくなるまでスクロールしたりして、『苦労して』探した気がする。

そうやってたどり着いたサイトこそ、なかなか辿り着けないという意味で、お気に入りに登録して、そのサイトが毎日更新だったりすると、日々の巡回リストに取り入れたような思い出がある。そうやって僕のブックマークは育っていった(ような気がする)。そして、そのサイトやブログを応援するファンの1人になった。

なんだろう。ここのところ「趣味」という意味で、写真に関する記事の更新を続けているけれど、アクセス数うんぬんではなくて、趣味を「楽しく」『発表していく』というこの作業というか行為が、ものすごく楽しい。

うーん。なんだろう。(結果的に)(僕のサイトにファンができるのかどうかは分からないけれど、)あの頃あこがれていたインターネットで輝いていた人に少しだけ近づけた気がするのだ。そんな今日この頃。

プライバシーポリシーと広告について