み み

鎌倉江ノ島の観光を写真多めで発信中!

鎌倉江ノ島の観光情報を写真多めで発信中です。更新がんばりまうす。

日産ノート e-POWER 減速が強烈に気持ち えーぱわー NOTE e-POWERに試乗


日産 NOTE ノート e-POWERに試乗したので報告します。ひと言で表すならば「めぇぇっちゃぁぁ、気持ちよかったぁぁぁあ。きもちちーーーーぃぃいーーっ!!」という感じ。低燃費系でビュンビュン系は健在です。

「のて」じゃないよ「ノート」だよのCMでお馴染み。

日産ノート e-POWER
[ 出典 : 日産自動車 ]

ひょんなことから試乗させてもらうことができました。日産ノート e-POWER。すごーい簡単に車の説明をすると、日産ノートe-POWERは、エンジンでガソリンを燃やして電気を作って、発電した電気でモーターをぶん回して走る、ガソリンを入れる電気自動車です。

言い過ぎかもしれませんが。

もしかしたら、お年寄りのアクセルとブレーキの踏み間違いによる事故が、日産ノートNOTE e-POWERの登場によって減るかもしれないと思いました。

日産ノート e-POWERの欠点。ブレーキペダルを踏み忘れてビックリ。試乗体験談。

日産ノートNOTE e-POWERに試乗

その乗り味は

きもちぃぃいいいっっつ!!

のひと言で語りつくせます。

く わ し く

はい。

僕の数少ない語彙を積み重ねるのならば

「ダイレクト」「直接的」「自転車に乗るような感じ」「反応がリニア」「不感帯が無い」「レスポンス最高」「マニュアル車みたい」

これらを組み合わせた車になるでしょうか。

日産ノート e-POWERに搭載されている駆動機関の仕組みの詳しい説明は、日産自動車のウェブに任せることにして、とにかく、その特徴的な乗り味について、紹介します。

日産ノート e-POWER
[ 出典 : 日産自動車 ]

もう一度言いますが、日産ノート e-POWERは電気自動車です。エンジンがついているけれど、車を前に進める動力源はモーターです。燃料としてガソリンを入れるけれど、モーターで動く車です。

んで。

正直に申し上げて、「エンジンで駆動しない自動車なんて車じゃない。モーターで動く車なんて、くっそつまらない。」と思っていました。

その期待は試乗によって、見事に裏切られました。

やばいよ!みんなやばいよ!!

電気自動車!乗った方がいいよ!!

く わ し く ! ! !

はい。

日産ノート e-POWERのリアクション

自転車を想像してみてください。

不思議な自転車を

普通の自転車は、ある程度スピードが出てからこぐのをやめると「シャー」って空走して、ペダルを回していなくてもタイヤは回転して、自転車は前に進んでいくじゃないですか。

さて

もしも、ペダルをこぐ動作をやめたときに、「シャー」って空走しないで、タイヤの回転に合わせてペダルも回転し続ける、ようするにペダルの回転とタイヤの回転が1対1の関係で直接的につながっている不思議な自転車があったとしたら。

「シャー」って空走させて、楽ができないから大変そうですよね。想像してみてください。

ペダルを速くこいだ分だけスピードがでるし、ペダルをこぐ動作をゆっくりにすれば、タイヤの回転はペダルの回転スピードに合わせて落ちていくので、自転車はゆっくりと減速します。

普通の自転車と違って空走して「シャー」っと走らないので、速度を上げるのも下げるのも、こいだ分だけ。ペダルの回し方に緩急をつけることで、タイヤを回しているスピードを変化させることができるので、自転車のスピードが調整できます

そして、

ペダルをゆっくりこげば、自転車はゆっくり進むので、この自転車は上手に運転すれば、ブレーキレバーに手をかけずとも、自転車を止めることができます

想像できました?

日産ノート e-POWERはまさにこんな感じ。

アクセルペダルだけで、「発進から停止まで」運転ができます

アクセルを踏み込めば、踏み込んだ分だけ加速しますし、アクセルを戻せば、アクセルを戻した分だけ減速するんです。

アクセルを緩めれば、アクセルを戻すことによって、ペダルをこぐ回転を落としたことと同じように、まるでブレーキをかけたかのように減速していくのです

と い う こ と は ?

そうです。

ブレーキペダルを踏まなくても、日産ノートe-POWERは止まるのです。車速がゼロになるのです。

イメージ伝わりますか?「シャー」って空走しない自転車は、「ペダルの回転速度=タイヤの回転速度」になりますから。ペダルが回ってなければ、自転車は止まっていることになります。

日産ノート e-POWERも、アクセルペダルを踏んでなければ、それは止まっていることになるのです。ブレーキペダルを踏み込まずとも、車が止まるんです。

右足の踏み込み量(自転車をペダルをこぐスピード)に対する車の加減速の応答がダイレクトで直接的で、それはもう「めっちゃ気持ちいいっ!!!」んですわ

はい。

ネットでうろうろと情報を集める前に、試乗したほうが分かりやすいです。本当に。

これは自動車の世界に革命を起こしたと言っても過言ではないくらいに、「きっもちいいっっいいいイイイイ!!!!!!」ですよ。

日産ノート e-POWER
[ Title : 爽快で痛快 2017年2月 ]
[ Camera : Nikon D700 ]
[ Lens : Nikon AI NIKKOR 35mm F2S ]

日産ノート e-POWERはマニュアル車の感覚

ずーっとぽんこつマニュアル車に乗っているのは私です。そうです。日産ノート e-POWERは、マニュアル車に乗っていて、ずーっと2速でエンジン回転をパワーバンドにキープして運転している感覚に近いんです。

エンジンのパワーバンドにおける回転領域で、アクセルペダルを踏み戻すと、強烈にエンジンブレーキがかかるんですが、それと同じことが、日産ノート e-POWERでは、「常時」起こるんです。

ここから先はマニアックな内容になってしまうのですが。

トルクに乗る

マニュアル車の楽しみの1つは、エンジンとタイヤの回転が直結しているダイレクト感にあって、クラッチを断続することによって、それを切り離してギヤを変えていくんですが。

日産ノート e-POWERは、常時パワーバンドの領域でエンジンを回しているような、強烈なトルク感のあるフィーリングを得ることができるんです。

どんなスピード領域でも。

これがすごいんです。

日産ノート e-POWERのカタログには『2.0Lターボエンジンに匹敵するビッグトルク』と書いてあります。まさにその通り。

しかも、エンジンの場合は、パワーバンドに乗せるまでのかったるい回転域があるのですが、モーターで走る日産ノート e-POWERには、それがありません。

もう、踏んだ瞬間に、急激なトルクが立ち上がって、これがまた「きっもちぃぃぃいいいぃいいい!!!」んですわ。

アクセルの反応にリニア

こうやって書いてしまうと、スピードを出さないと分からないような気持の良さに思われてしまうかもしれませんが、スピードを出すような、急発進急加速をするような運転は、一切しなくても、この気持ち良さが味わえます

というのも、トルクがあることによる運転の気持ち良さの本質は、「アクセルペダルの踏み込みに対する応答のリニアさ」にあるからです。

「ちょっと」踏んだら、間髪入れずに「ちょっと」進むんです。「ちょっと」戻したら、間髪入れずに「ちょっと」減速するんです。

分かります?

「おーい!」って声をかけたら、すっと反応してくれるんです。車が。

ダイレクトなんです

人間関係も、すっと共感して、期待通りに反応してもらえる人に親近感がわくっていう話があるじゃないですか。

まさにそれ。

車が思いに共感してくれて、入力に対して意のままに動くんです

これがまた「きっもちぃぃぃいいいぃいいい!!!」ですぜ。

ドアを開けて、日産ノート e-POWERに乗り込んで、説明を受けて走り出して、アクセルを踏んでタイヤが3回転半転がった瞬間に、気持ち良さが分かります。

きっもちぃぃぃいいいいぃぃぃぃいいいイイイイ!!!」って「ぜぇったぁぁぁいい」になると思います。

日産ノート e-POWER
[ Title : 爽快で痛快 2017年2月 ]
[ Camera : Nikon D700 ]
[ Lens : Nikon AI NIKKOR 35mm F2S ]

日産ノート e-POWERの気になるところ

日産ノート e-POWERは、モーターで駆動するがゆえに、ストップ&ゴーの街乗りの燃費は最高らしいです。まさに低燃費系のビュンビュン系。

だけど、モーターオンリーで駆動するがゆえに、ずーっと一定回転をキープする高速道路はいまいちの燃費になってしまうらしい。

もう1つ。

日産ノート e-POWERに乗って、アクセルペダルだけで運転ができることになれてしまうと、普通の車に戻れなくなると思います。

それくらい、アクセルペダルだけで運転できる操作性が、人間の素直な感覚にマッチしていたんです。

そりゃーそうですよ。

進むときはAボタン、止まるときはBボダン。これだから踏み間違いによる事故が起こるんです。

Aボタンを押したら進んで、Aボタンを放したら止まる。これならばお年寄りのアクセルとブレーキの踏み間違いも起こりにくいと思いませんか?

ふむ。

だって押すところも放すところも1つしか無かったら、間違えようがないでしょうに。


というのも、ほんの15分程度の試乗をおえて、自分のぽんこつ車に戻ってあらびっくり。ブレーキ踏まなくても減速するって勘違いして、ブレーキ動作が一瞬だけ もたつきました

ようするに、1本の足で、ペダルを踏みかえる事によって、加速と減速の操作をするっていうのは、「人間が反射的にできる動作ではないのかもしれない」と、そんなことを考えたのでした。

なんてったって、僕の車は、左足でクラッチは踏まなきゃいけないし、右足はアクセル踏んだり、ブレーキ踏んだりしなきゃいけないし、左手はシフトレバーを握らなきゃいけないし?

操作性を極限まで簡易にしていった先に、事故が少ない未来が待っていると、私は思うのです。

まぁそれは置いておいて、ぜひ一度、日産ノート e-POWERに試乗してみてください。

何がすごいって、200万円くらいでガソリンで走る電気自動車に乗れるんですから。すげーよまじで。

週末は日産のお店へ。

日産ノート e-POWERの欠点。ブレーキペダルを踏み忘れてビックリ。試乗体験談。

プライバシーポリシーと広告について