読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ペラサイト(ター)になれない私は置かれた場所で咲きたくない。

アクセスの話

スポンサーリンク

たった1枚の記事でアフィリエイトリンクをクリックさせるところまで持っていく記事のことをペラサイトと呼ぶそうです。そしてペラサイトを量産するアフィリエイターは「ぺらさいたー」というジャンルに分類されるそうです。

ぺらさいたー
[ Title : 飛び立つ空 2017年1月 ]
[ Camera : PENTAX K-5ii ]
[ Lens : PENTAX smc PENTAX-DA 18-55mmF3.5-5.6AL WR ]

「こたつぁー」との違いは、「こたつぁー」はブログ専門。「ぺらさいたー」はブログも使えばサイト運営もありのオールジャンルのスーパースターですね。ペラサイターはすごいんだよ。

「コタツ記事職人」になりたいけれどなれない。

というのも、ペラサイトの特徴として、「記事をしっかり読みこませる」ための巧みな話術と、そもそもその記事にお客様を呼ぶための「秀逸なキーワード選定」を行ったうえでの巧妙なタイトルのつけ方があります。

嘘がつけない

ある程度のニーズが期待できる「秀逸なキーワード選定」までは、なんとなくできた気がするようになりました。重要なのは、できた気がするような気がするところです。

ちなみに、この記事のタイトル「ペラサイターになれない私は置かれた場所で咲きたくない。」というタイトルのつけ方は、「ぺらさいたー」から見たら最悪のタイトルでしょう。

誰が、「ペラサイター 置かれた場所」というキーワードで検索するんでしょうか。こういうタイトルは検索流入狙いの記事に使わないようにしましょう。

あ た り ま え

プリウスの次に、ニキビのアフィリエイトサイトを巡回していて感じたことがあります。というのも、車の話の真偽性だったら、少しは分かるんですが、ニキビの話の真偽性は、読んでいる私にもさっぱり分からないところです。

プリウスがかっこよくなります!と書いてあるにもかかわらずフェラーリが どどんっ と掲載されてれば、怪しさを感じることができます

まぁね。

しつこく治らないその白ニキビの原因は、生活習慣ではなくて、ひょっとすると幽霊の仕業かもしれません。

う そ こ け

こういうのは間違いを認めることができます。

でもね。

ホルモンバランスの乱れによって引き起こされるしつこいニキビ。そんなニキビと、おさらばするためには生活習慣を変えていくように心がけることが大切です。

と、書かれていると、本当にホルモンバランスの乱れによってニキビが引き起こされるのかどうかが、素人のわたくしにはさっぱり分からないわけでございます

う そ こ け は ダメゼッタイ

自分でも真偽のほどがよく分からない、インターネット上に掲載されている2次情報をもう一度まとめ上げて、堂々と掲載する気持ちにはなれません。

自分フィルターでろ過

馴染みの無い分野の記事を書くためには、あらためて勉強が必要なこともよく分かっているつもりです。

実際に、このブログもゼロから文章を書き起こすところから初めまして、最初の頃は「なんだねチミはっ・・・」というような文章しか、書くことができませんでした。

い ま だ に ね

まぁ確かに、未だに未熟なところはあるのですが、ちゃんと自分の言葉と考えで文章を書いているのです。自分でやったことや聞いたこと、知ったことを、自分の中で考えて、自分というフィルターをしっかりと通過させてから、文章を吐き出しているわけです。

ペラサイトの極意を読みこんでいくと、こんなことが書いてあります。

自らの潜在的な悩みを言語化できない検索ユーザーの気持ちに寄り添うことが、アフィリエイトを成約させるための一番の近道になります

と。

この極意が勝ちパターンなのかどうかは知りませんが、アフィリエイト系のサイトを読んでいると、「僕はアフィリエイトサイトの作り方が知りたい」にもかかわらず、最終的に「成約率が200%上昇したワードプレスのデザインテンプレートはこちらです」というような、アフィリエイトリンクが貼られていることが多くあります。

ま じ く そ

正直にいって、「こいつら(ぺらさいたー)って、本当に俺のニーズをつかむの下手だよな。俺が知りたいのは上手なペラサイトの作り方なんだよ。ワードプレスのテンプレートは求めてないよ」と思っていました。

だけど。

アフィリエイト系のサイトは、僕が言語化できていない潜在的な悩み、すなわち「さっさとお金稼ぎたい」というニーズにはマッチするような「成約率が200%上昇したテンプレート」のリンクを用意していたわけです。

やっと気がついたか

はい。

とにかく楽して稼ぎたいキリギリスのような、家計が火の車でギリギリっすな人達には、「ペラサイトの作り方」よりも、即効性がありそうな「成約率が500%上昇するテンプレート」の方が、魅力的に見えるのでしょうか。

5倍よりも500%上昇の方が、インパクトが強いのでしょう

この極意、というか手口?に気がついてからは、ペラサイトを見る目がちょっと変わりました。

ペラサイトのタイトルは「ペラサイトの作り方」などの、検索ユーザーの悩みを解決するような(具体的な行動に直結する)ワードが含まれていて、ペラサイトのアフィリエイト商材は「成約率が3倍になるレンタルサーバー」などの、検索ユーザーが悩みを解決した結果、求めている欲望(思い描いている理想の状態という夢)が、1段階の論理を飛躍させて掲載されているんです。

いまいち言葉足らずでごめんなさい。

努力しろ

※こういう戦略で記事がねられているページもあれば、ほかの戦略で記事がねられているページもあります。1つの例です。

ぺらさいたー
[ Title : 飛び立つ空 2017年1月 ]
[ Camera : PENTAX K-5ii ]
[ Lens : PENTAX smc PENTAX-DA 18-55mmF3.5-5.6AL WR ]

求められている記事

嘘は書けないという話をしました。しかし、だからと言って、本当が求められている世界でも無いってことです。

ユーザーは「ニキビのメカニズム」の正しさよりも、「来週のデートまでにニキビを隠す」ための具体的な方法を求めているわけです。

デートや合コンまでにニキビを何とかしたい女性の本当の欲望は、「彼氏が欲しい」だったり「結婚したい」だったり「自分をよく見せたい」だったりするのかもしれません。

とあれば、ニキビというワードで「頭のネジがゆるそうな女」を、まるで底引き網漁船のように、カニやエビまで根こそぎひっかけつつ、最終的に「女子力UPの商材」を売り込んだり、「お見合いの商材」を売り込んだりしてもいいわけです

記事の中に必要になってくるのは、「ホルモンバランスの乱れ」の話ではなくて、ユーザーの「結婚したい」という心理をあおるような、経済的な結婚適齢期の話や、生物学的な子供を授かりやすい年齢の話かもしれません。

それらの話を繰り広げつつ、「ニキビ」というキーワードから想定される、ユーザーが言葉に表せなかったような潜在的なニーズを引き出して、そして同意してあげることによって、最終的にアフィリエイトリンクをクリックさせることが、「ぺらさいたー」の美学であります。

ちょろいぜ。

※フィクションです。

プリウスに個性を

私としても、インターネットのゴミ屑となるようなアフィカス的な記事は作りたくはありません。タイトルに惹かれて、記事を読みこんでいっても、中身がともなってないサイトは作りたくありません。

この記事はタイトルも中身もカス以下

人の弱みに付け込むようなアフィリエイトリンクも貼りたくありません。

しかし、弱みに付け込むように見せかけて、何か新しい解決の糸口を提案するような記事ならば、自分というフィルターを通したうえで書けるかもしれない気がしてきました。

「プリウス カスタム」と検索すると、プリウスの個性の無さにうんざりしたおじさん達が喜ぶような、車高調やホイールの紹介記事にたどり着くことができます。

エコカーなのに、マフラー換えたり、電子制御スロットルの開度を書き換えるロムをつけたり、プリウスに本気を出させる記事も見当たります。

ターゲット世代の1つは「古きよきスポーツカーの時代を知っている」世代と考えられます。S30Zにあこがれて、ダルマセリカをぶっ飛ばしたおじさまだからこそ、今のプリウスに我慢がならないのです。

かといって、いまさら中古の33スカイラインを探してくる元気もない。だったらプリウスをシャコタンにして我慢しようじゃないかと。

本当は、もうちょっとお金に自由があるのならば、プリウスはファミリーカーとして所有をしておいて、あこがれのロータリースポーツ、SA22Cをセカンドカーで乗り回し、峠でキャッキャしたいのかもしれません。

ここで、収入アップを思わせるような転職系のアフィリエイトリンクはいただけません。いい歳のおじさまに転職を進めても、誰もそんなリンクをクリックはしませんから。

さて、昨日まで、車の「く」の字もなかったサイトに、車の話題が飛び込んできました。

はるさめは車乗れるの?

ペーパードライバーです。オートマはね。

免許を取ってから10年くらい経ちますが、ずーっとマニュアルトランスミッションの車に乗ってます。

もう10万キロ以上は運転しています。

ゴールド免許だよ

家族のお買い物車はコンパクトカーなんですが、僕が運転すれば、ライトウェイトスポーツおんぼろコンパクトハッチバックに早変わりです。得意技はマシンガンシフトダウン。

アクセルペダルもクラッチペダルもワイヤーで物理的につながっている車は、乗っていて気持ちが良いです。リアクションがダイレクトに受け取れるので、操作している感が気分を高揚させます。

主婦でもスマホで30万円の詳細はこちらの予定

※みんながクリックしちゃうと僕が儲かっちゃって申し訳なく思って、あえてリンクは貼っておりません。