読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

疲れたときはショートトリップでリフレッシュ

思考のチェンジ

スポンサーリンク

休む練習ってしたことがありますか?「休む」とひと言で表現しても、ちょっとした睡眠をとる昼寝から、アロマの香りを楽しむ安らぎの時間まで、様々な感覚があります。休む練習の「休む」は、リフレッシュという言葉の意味合いが近いかもしれません。

休む練習
[ Title : 夢の中の橋 2017年1月 ]
[ Camera : PENTAX K-5ii ]
[ Lens : PENTAX smc PENTAX-DA 18-55mmF3.5-5.6AL WR ]

いつでもどこでもバカンスを楽しむ

用意するものは、数分の時間と耳栓です。そして想像します。イメージします。

海に近づく

おんぼろの塗装が錆びた列車に乗り換えて、かたんことん。規則正しく響く音に揺られて30分くらいが経ちました。足元に目を向けますと、床板からもどこか懐かしい雰囲気を感じることができました。木製の床板がやわらかい。

小さく開いたバスのような窓から潮の香が漂ってきました。そろそろ海が左手に広がるはずです。今日はどこの駅でおりましょうか。

誰もいないホームに降りまして、浜まで歩きます。夏は多くの観光客でにぎわう砂浜ですが、季節は春。人々のはしゃぐ声が響くのはもう少し先の季節になります。

砂浜におりると、空は春のうすい水色でした。潮風は、そよぐ程度に心地よいです。波の音が、優しく響きます。

海の風を感じながら、胸いっぱいに空気を吸い込みます。深呼吸。

休む練習
[ Title : 海岸にて 2017年1月 ]
[ Camera : PENTAX K-5ii ]
[ Lens : PENTAX smc PENTAX-DA 18-55mmF3.5-5.6AL WR ]

草原の音

干した草の匂いが、鼻をくすぐります。牛が鳴いています。鳥が歌っています。

高原前で駅を降りまして、そこから1時間かかりました。突然のお願いにも関わらず、嫌な顔1つ見せることもなく、ユースホステルのオーナー様は、私を駅まで迎えに来てくださりました。

来年の新幹線開通と同時に、この駅は第三セクターの運営管轄になるそうです。あなたのような18きっぷの旅行客はどうなってしまうのかしら。おばちゃんは、さみしそうに話します。

山小屋のようなかわいらしい宿に荷物を置きました。裏手の山を登りますと、遠くの高い山が見渡せる草原に出ることができました。

踏みしめる大地がやわらかく、コンクリートの固い地面を歩き続けてきた足に、優しさが伝わります。響く鳥の鳴き声が、耳を静かに休ませます。

とても静かでした。生き物の声以外は何も聞こえません。世の中は、こんなにも静寂が広がっていたんだ。心が落ち着いていきます。

どれだけ時間が経ったのでしょうか。遠くを走る列車の音が聞こえてきました。

休む練習
[ Title : 雲の音 2017年1月 ]
[ Camera : PENTAX K-5ii ]
[ Lens : PENTAX smc PENTAX-DA 55-300mmF4-5.8ED ]

休む練習

毎日が忙しく、そしてあわただしく過ぎていきます。

長期の休みを取って、旅行に出かけることや非日常を味わうことは、現実的には難しいことかもしれません。

それでも、我々の持つ想像力を最大限に発揮することで、いつでもどこでも、ちょっとしたショートトリップを味わうことができます。

休む方法

座っていても、立っていても構いません。

まずは、1人になれる、誰にも邪魔されない場所を探しましょう。長すぎても疲れてしまうので5分くらいがちょうど良いです。

耳栓をつけます。

そして目を閉じます。

今までに訪れた、心が安らぐ瞬間を感じた場所を想像します。

その場面だけを思い起こそうとするよりも、その場所にたどり着くまでの過程や、出会った人との会話なども交えながら、その心安らぐ心象風景に少しずつ近づいていきます。

想像します。

その場所の、音、空気、呼吸、風、手に伝わる感触、温度。

そういった五感を刺激する要素を少しずつ想像します。

ショートトリップ。

できました。

休む心得

誰にも邪魔されずに、自分の意志で現実世界に帰ってくることが大切です。誰かに旅行を邪魔されてしまうと、一気にすべてが台無しになってしまいます。

目を閉じることと、耳を閉じることが必須です。耳栓に頼りましょう。視覚と聴覚が人間の多くの感覚をつかさどります。

人間の想像力が精神に与える影響は計り知れません。なぜならば我々の感覚は、すべて解釈によって出来上がっているからです。現実世界の様々な物理的な形あるモノをどのように解釈したのかで、頭の中の認識は出来上がっていきます。

ネガティブな感情は、なんでもないニュートラルな出来事をネガティブだと思い込むように、過去の自分に洗脳されているがゆえに、ネガティブな感情としてそこに存在するようになります。

リフレッシュを想像しましょう。リフレッシュを想像する練習を繰り返すのです。リフレッシュとは現実を一時的に逃避することです。

リフレッシュしよう

1日に3分から始めましょう。リフレッシュしませんか。

おまけ

それでも時には、本当に旅行に行きたくなります。リフレッシュの種を充電するイメージに近いのかもしれません。