桜の写真を撮りました( 写ルンです

桜の写真を撮りました( 写ルンです
桜の写真を撮りました( 写ルンです
桜の写真を撮りました( 写ルンです
桜の写真を撮りました( 写ルンです
桜の写真を撮りました( 写ルンです
桜の写真を撮りました( 写ルンです

撮れば撮るほどに桜の写真は難しさが増していくように感じます。花に近づけばどれも似たような近接の写真になるし、青空を背景にすれば、まるで青空を撮ったかのような写真になるし。

風光明媚なところに、ポッとした名わき役のような桜の樹がたたずんでいるとか。水田に映る反射像だとか。そういうのって天候や開花状況などのタイミングが合わないと撮れなかったりして。

そんなわけで「 今年の桜は撮らなくてもいいかなー 」と、なかばあきらめ気味でした。デジタルでは1枚も(撮ろうとして)撮ってません。「 写ルンです 」でちょろっとだけ。

現像してもらってみると「 あれっ?思ったよりも生活感が出ていてイイ感じかも 」肩の力が抜けていたせいか、撮ろうとして気張っていないせいか。桜のある(少し華やかな)日常が撮れたような気がします。