のるまで るこう

み み

寒くなり(おふとんゴロゴロ)今日この頃

SHCC湘南ヒストリックカークラブ第56回大磯ミーティング(その1)

湘南ヒストリックカークラブ第56回大磯ミーティング(SHCC大磯ジムカーナ) 湘南ヒストリックカークラブ第56回大磯ミーティング(SHCC大磯ジムカーナ) 湘南ヒストリックカークラブ第56回大磯ミーティング(SHCC大磯ジムカーナ) 湘南ヒストリックカークラブ第56回大磯ミーティング(SHCC大磯ジムカーナ) 湘南ヒストリックカークラブ第56回大磯ミーティング(SHCC大磯ジムカーナ) 湘南ヒストリックカークラブ第56回大磯ミーティング(SHCC大磯ジムカーナ) 湘南ヒストリックカークラブ第56回大磯ミーティング(SHCC大磯ジムカーナ) 湘南ヒストリックカークラブ第56回大磯ミーティング(SHCC大磯ジムカーナ) 湘南ヒストリックカークラブ第56回大磯ミーティング(SHCC大磯ジムカーナ) 湘南ヒストリックカークラブ第56回大磯ミーティング(SHCC大磯ジムカーナ)

SHCC
湘南ヒストリックカークラブ

2016年11月27日。SHCC(湘南ヒストリックカークラブ)第56回大磯ミーティング(ジムカーナ)が開催されました。前日から雨の天気予報でしたが、ありがたいことに競技中の降水はありませんでした。

次々と出走するクルマ達は、現代のクルマに比べて小さくて可愛らしく、個性的な姿をしています。この日も合計で100台を超えるヒストリックカーがエントリーしていました。

PHOTO SHCC

湘南ヒストリックカークラブ第56回大磯ミーティング(SHCC大磯ジムカーナ) 湘南ヒストリックカークラブ第56回大磯ミーティング(SHCC大磯ジムカーナ) 湘南ヒストリックカークラブ第56回大磯ミーティング(SHCC大磯ジムカーナ) 湘南ヒストリックカークラブ第56回大磯ミーティング(SHCC大磯ジムカーナ) 湘南ヒストリックカークラブ第56回大磯ミーティング(SHCC大磯ジムカーナ) 湘南ヒストリックカークラブ第56回大磯ミーティング(SHCC大磯ジムカーナ) 湘南ヒストリックカークラブ第56回大磯ミーティング(SHCC大磯ジムカーナ) 湘南ヒストリックカークラブ第56回大磯ミーティング(SHCC大磯ジムカーナ) 湘南ヒストリックカークラブ第56回大磯ミーティング(SHCC大磯ジムカーナ) 湘南ヒストリックカークラブ第56回大磯ミーティング(SHCC大磯ジムカーナ) 湘南ヒストリックカークラブ第56回大磯ミーティング(SHCC大磯ジムカーナ) 湘南ヒストリックカークラブ第56回大磯ミーティング(SHCC大磯ジムカーナ)

大磯ロングビーチ
ジムカーナ大会
第56回SHCC大磯ミーティング

ゼッケンB11の少し濃いめの若草色のクルマが目に留まりました。初めて見る形をしていました。ヒルマン(Hillman)という1907年に創業したイギリスの自動車メーカーのようです。

この車は、1963年から1976年まで製造されていた『インプ(Imp)』という車種みたいです。1959年に販売されて大ヒットとなっていた『ミニ』に対抗するモデルとして設計されました。

小型ながら荷室と客室のスペースを稼ぐためにリアエンジンリアドライブの駆動方式が採用されました。後方の小さなトランクのようなスペースに、量産車初のエンジンブロックがアルミ製のエンジンが搭載されています。

PHOTO SHCC

湘南ヒストリックカークラブ第56回大磯ミーティング(SHCC大磯ジムカーナ) 湘南ヒストリックカークラブ第56回大磯ミーティング(SHCC大磯ジムカーナ) 湘南ヒストリックカークラブ第56回大磯ミーティング(SHCC大磯ジムカーナ) 湘南ヒストリックカークラブ第56回大磯ミーティング(SHCC大磯ジムカーナ) 湘南ヒストリックカークラブ第56回大磯ミーティング(SHCC大磯ジムカーナ) 湘南ヒストリックカークラブ第56回大磯ミーティング(SHCC大磯ジムカーナ) 湘南ヒストリックカークラブ第56回大磯ミーティング(SHCC大磯ジムカーナ) 湘南ヒストリックカークラブ第56回大磯ミーティング(SHCC大磯ジムカーナ) 湘南ヒストリックカークラブ第56回大磯ミーティング(SHCC大磯ジムカーナ) 湘南ヒストリックカークラブ第56回大磯ミーティング(SHCC大磯ジムカーナ) 湘南ヒストリックカークラブ第56回大磯ミーティング(SHCC大磯ジムカーナ) 湘南ヒストリックカークラブ第56回大磯ミーティング(SHCC大磯ジムカーナ) 湘南ヒストリックカークラブ第56回大磯ミーティング(SHCC大磯ジムカーナ) 湘南ヒストリックカークラブ第56回大磯ミーティング(SHCC大磯ジムカーナ) 湘南ヒストリックカークラブ第56回大磯ミーティング(SHCC大磯ジムカーナ)

駆動方式と歴史

1886年、2台の世界初のガソリンエンジン自動車が誕生しました。1台はゴットリープ・ダイムラーが馬車を改造して作り上げた四輪車。もう1台はカール・ベンツが自転車を改造して作り上げた三輪車。

どちらの自動車も、エンジンを車体後方に配置して、後ろの車輪を駆動させる方式が採用されました。今でこそ後ろにエンジンがあるクルマは数少ないですが、自動車開発の源流となった駆動方式なんですね。

湘南ヒストリックカークラブ第56回大磯ミーティング(SHCC大磯ジムカーナ) 湘南ヒストリックカークラブ第56回大磯ミーティング(SHCC大磯ジムカーナ) 湘南ヒストリックカークラブ第56回大磯ミーティング(SHCC大磯ジムカーナ) 湘南ヒストリックカークラブ第56回大磯ミーティング(SHCC大磯ジムカーナ) 湘南ヒストリックカークラブ第56回大磯ミーティング(SHCC大磯ジムカーナ) 湘南ヒストリックカークラブ第56回大磯ミーティング(SHCC大磯ジムカーナ) 湘南ヒストリックカークラブ第56回大磯ミーティング(SHCC大磯ジムカーナ) 湘南ヒストリックカークラブ第56回大磯ミーティング(SHCC大磯ジムカーナ) 湘南ヒストリックカークラブ第56回大磯ミーティング(SHCC大磯ジムカーナ) 湘南ヒストリックカークラブ第56回大磯ミーティング(SHCC大磯ジムカーナ) 湘南ヒストリックカークラブ第56回大磯ミーティング(SHCC大磯ジムカーナ)

ダイムラーとベンツが1886年にガソリン自動車を完成させてから5年後の1891年、パナール ルバソール社が自動車前方にエンジンを配置して、チェーンで後ろの車輪を駆動させる方式の自動車を発明しました。

前輪駆動車は1895年から1897年の間にオーストリアで試作が行われたそうで、それを見たフェルディナント・ポルシェは、その革新性に驚いたと文献が残されています。

[ Title : SHCC大磯ジムカーナ 2016年11月 ]
[ Camera : PENTAX K-5ii ]
[ Lens : smc PENTAX-DA 55-300mmF4-5.8ED ]

※シリーズ記事

プライバシーポリシーと広告について