のるまで るこう

み み

涼しくなって(過ごしやすいな)今日この頃

写ルンです『 夕暮れ ・ 02 』

写ルンです『夕暮れ』

写ルンです『 夕暮れ 』

・写ルンです・
『 夕暮れ 』

写ルンです『夕暮れ』2回目。このページには、「写ルンです」の『1600 Hi Speed』で撮った写真を載せている。同じ時間に同じ場所で撮ったことで、フィルムによる色味の違いを知ることができた。夕暮れなのに朝日のような印象を感じさせる色になった(気がする)。「シンプルエース」と比べ、ここまで違うとは。ほえー。

写ルンです「1600 Hi Speed」に封入されているフィルムは、『NATURA 1600』といわれている。公式HPを見ても、「ブレに強い」と書いてあるだけで、明るく写るわけではなさそうだ。フィルムの感度があがったぶんは、シンプルエースよりもレンズの絞り値を高く、シャッタースピードを速くすることで、相殺されている。

ん?ということは、「シンプルエース」と「1600 Hi Speed」では、使われているレンズも違うというコトなのかもしれない?。そ、そうなのか?(分からんけど。)

写ルンです『夕暮れ』

写ルンです『 夕暮れ 』

写ルンです『夕暮れ』

写ルンです『 夕暮れ 』

上の2枚も写ルンです「1600 Hi Speed」で撮ったもの。「1600 Hi Speed」のほうが、空の質感がジョリっとザラついた感じがしないでもない。色味に関しては、「シンプルエース」よりもあっさりした淡い風味の雰囲気になるような気がする。空の青(夕暮れのオレンジ色に焼けなかった部分が闇に包まれていく色)が、しっとりと撮れた(と思う)。いいねぇ。

分かったことをまとめると、「シンプルエース」と「1600 Hi Speed」では、『色味が違う』。これはフィルムが違うから当然かも。撮れる空の『明るさに差はない』。これは意外だった。夕焼けどきは、太陽が沈んでいく方向の空を写すと、「こんなような」空色になって美しい(ここが一番大事!)。

プライバシーポリシーと広告について