読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

み み

鎌倉江ノ島の観光を写真多めで発信中!

鎌倉江ノ島の観光情報を写真多めで発信中です。更新がんばりまうす。

若宮大路で段葛をぶらぶらしながら一の鳥居をくぐって由比ヶ浜を目指しちゃう。

若宮大路の段葛

若宮大路の段葛

若宮大路(わかみやおおじ)の段葛(だんかずら)をぶらぶら歩きながら、鶴岡八幡宮から由比ヶ浜を目指して南下するお話でございます。

うーん。それ以上でもそれ以下でもないんですが、鶴岡八幡宮から由比ヶ浜まで歩くと1時間くらいかかります。

上の写真は、二の鳥居から鶴岡八幡宮の方向を眺めたもので、遠くにぼんやりと見えるのが鶴岡八幡宮の本宮になります。

おわり。

えっ?

曇り空だ。

若宮大路の段葛
[ Title : 段葛 2017年3月 ]
[ Camera : PENTAX K-5ii ]
[ Lens : PENTAX smc PENTAX-DA 18-55mmF3.5-5.6AL WR ]

余りにもクモリゾラの写真が多いので、晴れた日に撮った晴れ姿な段葛と若宮大路の写真もちょこちょこと入れ込むことにしました。なので、晴れた日の写真と曇りの日の写真が同じ記事で味わえる贅沢な記事になっております。

関連する記事

鶴岡八幡宮でおみくじをひく

若宮大路

若宮大路の段葛
[ Title : 段葛 2017年3月 ]
[ Camera : PENTAX K-5ii ]
[ Lens : PENTAX smc PENTAX-DA 18-55mmF3.5-5.6AL WR ]

若宮大路は、由比ヶ浜から鶴岡八幡宮に続く参道です。そして、段葛(だんかずら)ってのは、その参道の真ん中に盛土されて整備された遺構になります。

段葛の葛(くず)っていう字は、葛根湯(かっこんとう)の漢字だよね。ようするに植物。どうして段に葛(くず)で、盛土された道を意味するんでしょうか。

どうでもいい?

はい。

若宮大路の段葛
[ Title : 段葛 2017年3月 ]
[ Camera : PENTAX K-5ii ]
[ Lens : PENTAX smc PENTAX-DA 18-55mmF3.5-5.6AL WR ]

晴れの日はこんな感じです。

三の鳥居から二の鳥居まで段葛(だんかずら)が残っていて、段葛の上を歩くことができます。ぶらぶら。若宮大路には、道路の両側に古い建物が多く残っていて、見ているだけでも楽しめます。

段葛も歩きたいし、若宮大路は、鶴岡八幡宮の行きと帰りで道の両側を歩きたいじゃないですか。

だから、鶴岡八幡宮に行くときに段葛を歩いて、入ってみたいお店を段葛の上から吟味しておいて、帰りに狙ったお店に入ってみるのがおすすめかと。

欲張りな私は思います。

若宮大路と三の鳥居

若宮大路の段葛
[ Title : さんとりー 2017年3月 ]
[ Camera : PENTAX K-5ii ]
[ Lens : PENTAX smc PENTAX-DA 18-55mmF3.5-5.6AL WR ]

「ご覧ください。こちらが三の鳥居となります。」と、ガイド様がお話しておられました。「略してさんとりー。」なんて。

ぶらぶらいきましょう。

段葛は1段高くなっているので、若宮大路の両側に軒を連ねるお店を、少しだけ上から目線で眺めることができます。

若宮大路の段葛
[ Title : 休日 2017年3月 ]
[ Camera : PENTAX K-5ii ]
[ Lens : PENTAX smc PENTAX-DA 18-55mmF3.5-5.6AL WR ]

ふるいストーブみたいな何か。

かわいげのあるCLOSED!


若宮大路の段葛
[ Title : ふるいおうち 2017年3月 ]
[ Camera : PENTAX K-5ii ]
[ Lens : PENTAX smc PENTAX-DA 18-55mmF3.5-5.6AL WR ]

わらびもちかな。

若宮大路と二の鳥居

若宮大路の段葛
[ Title : 桜並木 2017年3月 ]
[ Camera : PENTAX K-5ii ]
[ Lens : PENTAX smc PENTAX-DA 18-55mmF3.5-5.6AL WR ]

若宮大路のお土産物屋さんや食べ物屋さんに気を取られつつ歩いていると、あっという間に二の鳥居が近づいてきます。

お値段以上?

二の鳥居の奥にもう1つ見える鳥居が、一の鳥居です。海までずーっと直線道路であることがよく分かります。

若宮大路の段葛
[ Title : 浮世絵 2017年3月 ]
[ Camera : PENTAX K-5ii ]
[ Lens : PENTAX smc PENTAX-DA 18-55mmF3.5-5.6AL WR ]

こんな看板のお店もある。

若宮大路と一の鳥居

若宮大路の段葛
[ Title : 小路 2017年3月 ]
[ Camera : PENTAX K-5ii ]
[ Lens : PENTAX smc PENTAX-DA 18-55mmF3.5-5.6AL WR ]

段葛が続いているのは二の鳥居までで、二の鳥居から先は、若宮大路は段葛の無い普通の道路に戻ります。

だけど、ちょっと目線を脇にそらせば、思わず入りたくなるような路地が、若宮大路にあふれています。

若宮大路の段葛
[ Title : うろうろ 2017年3月 ]
[ Camera : PENTAX K-5ii ]
[ Lens : PENTAX smc PENTAX-DA 18-55mmF3.5-5.6AL WR ]

ね。何時間でも観光できちゃう。

横須賀線の線路をくぐって南に進むと、観光地っぽい賑わいが、ほんの少し薄れてきて、生活を感じられるようなお店もちらほら。

若宮大路の段葛
[ Title : 生活感 2017年3月 ]
[ Camera : PENTAX K-5ii ]
[ Lens : PENTAX smc PENTAX-DA 18-55mmF3.5-5.6AL WR ]

かとおもえば、シャレオツなお店も。

若宮大路の段葛
[ Title : うつるまつ 2017年3月 ]
[ Camera : PENTAX K-5ii ]
[ Lens : PENTAX smc PENTAX-DA 18-55mmF3.5-5.6AL WR ]

松が街路樹としてそびえています。そんなこんなで、歩いていると、あっという間に鶴岡八幡宮の一の鳥居まで到着します。

若宮大路の段葛
[ Title : 残る 2017年3月 ]
[ Camera : PENTAX K-5ii ]
[ Lens : PENTAX smc PENTAX-DA 18-55mmF3.5-5.6AL WR ]

ご覧のように、道路の真ん中に一の鳥居が建っています。昔は海まで段葛が続いていたそうです。その名残を一の鳥居から感じることができます。

若宮大路と由比ヶ浜

若宮大路の段葛
[ Title : さみしさ 2017年3月 ]
[ Camera : PENTAX K-5ii ]
[ Lens : PENTAX smc PENTAX-DA 18-55mmF3.5-5.6AL WR ]

一の鳥居からもう15分くらいがんばって歩くと、目の前に広がる海。どんよりとした曇り空。ずーん。

若宮大路の段葛
[ Title : 波の音 2017年3月 ]
[ Camera : PENTAX K-5ii ]
[ Lens : PENTAX smc PENTAX-DA 18-55mmF3.5-5.6AL WR ]

海の写真といえば「青!」「真っ青!」「エメラルドグリーン!」っていうのがインターネットの世界かもしれないけれど、実際にはどんよりと曇っていることも多いです。

夜の海なんか、波の音が「ざざーん。ざざーんっ。」って暗闇の中で響いていて、ちょいと怖い時もあります。

曇天の鶴岡八幡宮、若宮大路、段葛、由比ヶ浜と、クモリゾラしりーずを続けていますが、これはこれで好きであります。

若宮大路の段葛
[ Title : 雲の色 2017年3月 ]
[ Camera : PENTAX K-5ii ]
[ Lens : PENTAX smc PENTAX-DA 18-55mmF3.5-5.6AL WR ]

僕は、旅行に出かけるとき、下調べをほとんどしないで出かけてしまいます。ついてから現地のコンビニでるるぶを見ます。

もし現地にコンビニがなかったら、その土地の人に声をかけて、おすすめの観光スポットを聞いたりしちゃう。

観光スポットを巡る事に旅行の重点を置いていない感じ?初めての土地の空気を楽しむのであります。

だから、家に帰ってきて、インターネットで現地の情報を調べて、「あっ!近くにこんな有名なお寺があったんだ!」なんてことが、よくあります。

そして、もう一度行きたくなります

鎌倉江ノ島シリーズも、行き当たりばったりに、写真をぱちぱち、ご飯をもぐもぐしています。

鶴岡八幡宮から三の鳥居、二の鳥居、一の鳥居とくぐりぬけ、由比ヶ浜まで歩いてきたけれど、さぁて、これからどうしましょう。

鳥居は1基2基って数えます。

そんな1日。

プライバシーポリシーと広告について