のるまで るこう

み み

涼しくなって(過ごしやすいな)今日この頃

PENTAX K-5ii

PENTAX K-5ii

PENTAX K-5ii

PENTAX K-5ii

1台1台がフラグシップに思えるカメラだった。ニコンの1桁機に通じるような作りこみをペンタックスに感じたからかもしれない。もしくは、『 K-5ii 』という型式の通し番号にだまされただけなのかもしれない。とにかく僕は、ペンタックスのカメラに不思議と惹かれることになった。

PENTAX K-5ii

PENTAX K-5ii

ペンタックス
・手が届く値段設定・

ペンタックスのカメラは、ニコンやキャノンと比べると(少しだけ)安い価格帯に値段が設定されている。魅力的な単焦点レンズが、(中古をにらめば)ちょっと背伸びすると手に届く。庶民の味方。偏屈な精神なのかもしれないが、「写真の良し悪しは、機材の値段に比例しないのだ!」と思いたくなる。(知らんけど。)

そんなわけで、K-5iiが発売されてから、長々と使っているけれど、これほど手になじむカメラはないと思う。ほどよい大きさと重さのボディ、操作性に優れたボタン配置、防塵防滴であることなど、かなり気に入って撮っている。

PENTAX K-5ii

PENTAX K-5ii

PENTAX K-5ii

PENTAX K-5ii

PENTAX K-5ii

PENTAX K-5ii

ペンタックス
・持ち出したくなる・

どんなにいいレンズでも、どんなにいいカメラでも、『 シャッターを押さなければ 』写真は撮れない。なんかの本に書いてあったこの言葉は、本当だ(と思う)。持っていこうと思えるカメラが、いいカメラの第一条件ではないだろうか。

「今日の雲はモクモクかな?」「夕焼け空は何色かな?」そんな感情に、すっと答えを出してくれるカメラである。そして『 いい意味 』で期待を裏切る写真が撮れる。

ニコンやキャノンの陰に隠れ、カメラ初心者の多くは振り向きもしない(らしい)。レンズも少ないし、AF精度も(少しだけ)プアな感じがある。だけど、使ってみると、驚くくらいによくできている。K-5iiとは、そんなカメラである。

- PENTAX -
・( K-5ii )・
・DA 18-55mmF3.5-5.6AL WR・
・DA FISH-EYE 10-17mm F3.5-4.5・
・SMC TAKUMAR 35mm F3.5・

プライバシーポリシーと広告について