のるまで るこう

み み

涼しくなって(過ごしやすいな)今日この頃

ヤマブキとカンザンの平塚市総合公園

ヤマブキとカンザンと平塚市総合公園

ヤマブキ

色鉛筆の中の色に出会いました。ソメイヨシノが散った後、ひときわ目立つ黄色い花がヤマブキです。桜との追いかけっこが終わった後で、ぼけっと散歩をしていたら。平塚市総合公園でヤマブキが咲いていました。やまぶき色と刻印された色鉛筆の花を見つけました。

ヤマブキとカンザンと平塚市総合公園
ヤマブキとカンザンと平塚市総合公園
ヤマブキとカンザンと平塚市総合公園

飽和気味の黄色

黄色い花が咲いている!と思って駆け寄ってみると(本当はゆっくり歩いたよ)、そこには『ヤマブキ』と書いてある名札がありました。なるほど!やまぶき色ってこの花に由来した色なんですね。納得です。確かに24色セットの色鉛筆の中の色でした。この時はカメラを持っていなかったので、イソイソと家に帰ってカメラを持ってもう一度。

「やまぶき」色に関しては、モニターを見ながら見たままの色に合わせたつもりですが、なかなか脳内現像通りの色がでなくて苦戦しました。黄色って難しいです。撮って出しの状態では、もうちょっと薄く青いような発色になっていました。

ヤマブキとカンザンと平塚市総合公園

カンザン

平塚市総合公園では、カンザンが見頃を迎えています。新芽の緑の中に、ちょっと濃い桜の色が引き立ってました。カンザンとは八重桜(やえざくら)に総称される八重咲きの桜の一種です。ソメイヨシノが散った後から5月の頭にかけてが見頃になるそうです。

ヤマブキとカンザンと平塚市総合公園
ヤマブキとカンザンと平塚市総合公園
ヤマブキとカンザンと平塚市総合公園
ヤマブキとカンザンと平塚市総合公園

飽和気味の桜色

まるでソメイヨシノの花びらを煮詰めたような色だと思いました。散りゆくソメイヨシノをしり目に、春の嵐の中でつぼみをふくらませていました。ようやく8分咲きといった感じでしょうか。カンザンは、新芽を出しながら花をつけるようです。ひと言にサクラといっても、いろいろ種類があるんですな。

PHOTO HIRATSUKA

ヤマブキとカンザンと平塚市総合公園 ヤマブキとカンザンと平塚市総合公園 ヤマブキとカンザンと平塚市総合公園

色とりどりの世界

春です。新緑の季節です。仕事に忙殺されていた頃は、桜と新緑以外の春の色に気がつこうともしませんでしたが、今年は違います。探してみれば、いろんな場所で春の色に出会えます。これがまた、なかなかに楽しい。

花を撮るならば、曇りの日が良いです。強烈に光がまわらないので色がきれいにでます。なんでもかんでも晴れてればいいってものでもないようです。なんて得意げに解説していますが、わたくし、ほんの数週間前までは、「写真は青い空と白い雲が最高!」なんて思っていました。いやー。奥が深いですね。写真。

ぱっとしない天気が続く中で、なんとかして「雰囲気」を出したいなと、試行錯誤をしているうちに、「あれ?曇りの方が色がきれいかも」ってことに気がついちゃいました。これぞラッキー。そして、・露出を1段落とすこと・花の色と対照的な色を背景に使うことが、なんとなく「それっぽく写す」密かな秘訣(なんだそれ)ではないでしょうか。お試しあれ。

ヤマブキとカンザンと平塚市総合公園

[ Title : 春の色 2017年4月 ]
[ Camera : PENTAX K-5ii ]
[ Lens : PENTAX smc PENTAX-DA 18-55mmF3.5-5.6AL WR ]

プライバシーポリシーと広告について